腕脱毛をしたいけど、勇気が出ない人に……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夏を迎えて露出が増えると、女性の悩みの元になるのが様々な部位のムダ毛です。
特に半袖やノースリーブを着ているときに腕の毛が伸びていると、あきれたような視線が周囲から向けられることになります。

恥をかかないためにも日頃の処理が大事なのですが、腕は面積が広いだけにかなり面倒。

あまりにも面倒くさいため、

「医療クリニックやサロンに行って脱毛してもらおうか……」

という考えがよぎる女性も少なくないでしょう。でも脱毛未経験者にとって、サロンやクリニックでの施術というのはかなり不安なものです。

「何ヶ月くらい通うの?」
「終了までの施術回数は?」
「痛みがひどいらしいけど、どうにかならないの?」
「料金は結果的にいくらかかる?」

こういった疑問のせいで億劫になり、結局は脱毛と無縁のまま自己処理を続けている、という女性も多くなっています。

そこで、腕脱毛の特徴、費用などについて紹介し、脱毛未経験者の疑問に答えてみることにしました。

このページの情報が、ムダ毛で困っている女性の助けになれば、と思います。

自己処理で用いられる市販品のメリットとデメリットは?

最近、脱毛はちょっとしたブームとなっています。
施術技術が進んだこともあって料金が下がり、手軽にサロンやクリニックに行く女性が増えたためです。

さらにお試しプランを導入する店も多くなり、初心者でも手軽に脱毛体験ができるようになりました。

それでも「脱毛なんかに大金を出すなんてもったいない」と思う女性も多いかも知れません。

でも、市販の器具類で自己処理をしていると肌に悪い影響が及びます。
それを思うと、やはり脱毛には大きなメリットがあるといえるでしょう。

ちなみに自己処理用の道具についてそのメリット・デメリットを列記してみると——

カミソリ

・メリット……どこでも売っていて、手軽に買える。処理の時間が短い
・デメリット……角質にダメージが及び、肌が乾燥してしまう

毛抜き

・メリット……毛根からまるごと除去するためにブツブツしない
・デメリット……毛穴の負担が大きく、炎症などのトラブルが起こりやすい

除毛クリーム

・メリット……塗って洗い流すだけなので手軽。広い部位を処理できる
・デメリット……配合成分の刺激が強く、炎症が起こりやすい

電気シェーバー

・メリット……どこでも使える上に、刺激が少ない
・デメリット……深剃りが苦手で、肌触りがザラザラする

となります。

この中で1番マシなのが電気シェーバー。手軽に使えますし、肌の負担も少なくてすみます。ただカミソリほど深剃りは得意ではなく、太い毛だとブツブツした毛穴が目立ってしまいます。

その他の器具はどれも肌への刺激が大きく、継続して使っていると肌の状態を悪くします。

やはり肌をキレイに保ちたいならサロンやクリニックで施術を受け、自己処理をなるべく早くやめるべきです。

腕脱毛によるいくつかのメリット

サロンやクリニックでプロの手で脱毛してもらうと、どんなメリットが得られるのでしょうか?

1.オシャレする時にムダ毛が気にならなくなる

暑い季節ではなくても腕は何かと肌を見せることの多い部位で、そこに伸びた毛も目立ちがちです。

人から軽蔑されないためには自己処理が欠かせないのですが、サロンや医療クリニックで脱毛してしまえばその手間がいらなくなります。
腕を露出するファッションをする時も周囲の視線が気になりません。

2.何かと面倒な自己処理から解放される

腕のムダ毛は周囲の視線を浴びやすいものです。やたら気にして2、3日置きに処理している女性もいるようですが、脱毛が成功すればそんな面倒から解放されます。

3.施術によって肌のコンディションもよくなる

自己処理をずっと続けているせいで、色素沈着、肌荒れ、埋もれ毛などの肌トラブルに悩んでいる女性も少なくありません。

サロンで脱毛の施術を受ければ、IPLという特別な光によってそれらの改善が期待できる上に、保湿に効果的なアフターケアも受けられます。
脱毛を続けていけば、肌そのものがみずみずしくなっていくでしょう。

腕脱毛の平均料金はいくらぐらいなのか?

腕脱毛に関心を持った時、真っ先に知りたくなるのがその料金でしょう。

現在、腕脱毛の料金はいくらなのでしょうか? 全国に支店を持つサロンやクリニックの公式HPでその料金をチェックし、その平均額を計算してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

となりました。

一見してお分かりの通り、サロンとクリニックでは後者の方が2倍近く料金が高くなっています。

これはクリニックでは医療脱毛レーザーを用いるため、コストや人件費等がかさむことが原因です。

レーザー光は照射の威力がサロンとは比較にならず、それだけ脱毛効果も抜群です。サロンだと1年以上施術を続けても実感が中々わかなかったのに、クリニックでは数ヶ月で効果を感じたという口コミもネットに投稿されています。

しかし、威力が強いことにはデメリットもあります。それは痛みが強いこと。

中にはあまりの痛みに耐えきれず、中途解約してサロンに変える人もいるほどです。

つまり

・少々痛みを感じても大丈夫
・料金は気にしないので早く脱毛を完了したい

といった人はクリニックを選ぶべきでしょう。

サロンやクリニックではどんな脱毛方法を用いているの?

脱毛の歴史は古代文明にまでさかのぼります。
クレオパトラも自分の美貌をさらに強調するために脱毛剤を用いてムダ毛を処理していたと言われています。

もちろん、まだ科学が未熟な時代は相当乱暴な方法で脱毛していたようですが、やがて近代科学が発達すると、様々な技術を使った施術がおこなわれるようになってきました。

その中でも少し前までポピュラーだった方法が「美容電気脱毛」(あるいは「ニードル脱毛」)と呼ばれるもの。
プローブという電気針を毛穴ひとつひとつに突き刺し、その発毛部位にダメージを与えてムダ毛を防ぎます。

発毛を阻害するという点では大変優秀な方法なのですが、何しろ針を用いますからかなりの痛みを伴います。それに時間と手間がかかるデメリットもあって、現在は一部のクリニックでやられているだけです。

代わってよく使われるようになったのが、レーザー技術を応用した光による脱毛。

サロンでは、IPL(インテンスパルスライト)という光を使った「フラッシュ脱毛」が1番ポピュラーです。
この光はメラニン色素を含有した毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変化し、その機能を弱めます。

IPLは照射パワーが抑制されていて、脱毛終了まで相当な期間と施術回数が必要です。ただ、費用はリーズナブルで、痛みもそれほどひどくない、という長所があります。

そして、クリニックの方でメインとなっているのがレーザー脱毛。ダイオード、アレキサンドラライト、YAGといった色々なレーザー光を照射しますが、いずれも威力が強く、毛根を完璧に破壊できます。

その分痛みが強いので人を選ぶのですが、できるだけ早く脱毛を終了したい場合はこのレーザー脱毛がオススメです。

サロンとクリニックにはどんな違いが?

脱毛することを決めたらサロンかクリニックのどちらかと契約しますが、両者にはどんな違いがあるのでしょう?

特徴をあげてみると——

脱毛サロン

・施術方法は「フラッシュ脱毛」
・抑毛、減毛効果のみで永久脱毛はできない
・料金は安め

医療クリニック

・施術方法は「レーザー脱毛」
・永久脱毛ができる
・料金は高め

となります。

さらに、クリニックについては——

・部位次第でサロンより安上がりにすむこともある
・施術担当者は全て医師資格を持っている

などの特徴もあります。

こうして見てくると「費用は高めだが、永久脱毛のできるクリニックにしたい」という人が多いかもしれません。

ただ、「通えるところに脱毛クリニックがなく、サロンしか行けない」という人もいるでしょう。

でもガッカリすることはありません。サロンには、脱毛が終った後も施術可能なコースを用意しているところがあります。これならいつでもツルツルにできます。

また薄毛の方ならサロンでも効果があがるので、クリニックで高い料金を払うことはありません。

なぜ脱毛は時間がかかるのか?

腕を脱毛しおわるまでの施術回数と期間はどれくらいでしょう?

目安としては——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

というところです。

なぜこれほど回数と期間がかかるのでしょうか?

それには「毛周期」というものが関係しています。

体の毛は3つの時期(「成長期」「退行期」「休止期」)を順番に経ながら新しいものへと替わっていくのですが、毛周期はそのサイクルを指します。

そして、光脱毛はこのうちの成長期の毛だけに効果を発揮します。

退行期と休止期の毛というのは、毛根から離れたか離れつつある状態にあるため、いくら光を当てても脱毛効果があがりません。
ですから成長期の毛と違って、毛根の機能でムダ毛が再び伸びてしまうわけです。

サロンもクリニックも、この成長期の毛に施術しなければなりませんが、問題は毛一本一本の成長期がバラバラなこと。

そのため、すべての毛を施術しようと思ったら、完了までの期間がとても長くなるのです。

サロンよりも医療クリニックの方が施術回数は少なくてすみますが、それでも1年ほどは時間が要ります。

中には1年以内にツルツルになったという人もいますが、それも一時的なものにすぎません。退行期、休止期を経て成長期にさしかかると、また毛が生えることが珍しくないのです。

体質、毛の太さなどによって期間は変化しますが、とにかく施術は長期にわたることを覚悟しておきましょう。

オススメのサロンとクリニックはそれぞれどこ?

腕脱毛をする人にオススメなサロンとクリニックを紹介してみます。

まずはサロンから——

ミュゼ

脱毛に興味がなくても、ミュゼの名前は電車などの広告でよく見かけるはずです。

売上、店舗数、満足度は脱毛業界でトップ。顧客数ももちろんNo.1で、330万人を超えています。

新規特別価格といったディスカウント、大胆なキャンペーンをおこなうことが多いので、時期さえ選べばかなり安くで脱毛できます。

腕脱毛専門のプランは特に設けられてはいません。ただ、「フリーセレクト美容脱毛コース」の「Lパーツ」を選べば、腕を効率良く脱毛可能です。

これは腕、脚など、面積の広いパーツを施術するコースで、9つの部位の中から好みのところを選び、契約した回数を割り振って脱毛できます。

また全身脱毛コースならさらにディスカウント可能なので、腕以外の脱毛も考えている人はこのコースをチョイスする方がお得かもしれません。

さらにイタリアのDEKA社が開発したSSC(スムース・スキン・コントロール)方式のマシンを導入しているのも特徴のひとつ。

この方式は専用のジェルを塗った上でクリプトンライトを照射するというもので、従来のIPLよりも照射パワーが抑えられているため、施術でも痛みが軽くなっています。

痛みがイヤで施術したくないという人でも、ミュゼなら安心して脱毛可能です。

次にオススメのクリニックは——

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは知名度バツグン。ゴールデンタイムでもCMを流しているため、名前だけは知っているという人が多いでしょう。

腕脱毛をする場合、Lパーツの「両ヒジ上」と「両ヒジ下」を選ぶのがベストです。

忘れてはならないのは、料金を支払う前に「ポイントカード会員」や「プラチナカード会員」になること。これで3%〜5%も料金が値下げされるので、年会費1万円を出してもお釣りが来ます。

また、「手足スッキリセット」というプランも設けられていて、ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下という4つの部位を施術することができます。

ちなみに湘南美容クリニックの大きなメリットは、施術にタイムリミットがないところ。

多くの医療クリニックでは施術に有効期限が設定されていて、契約から1年ほどで施術が受けられなくなり、前払いした料金がムダになってしまいます。

ところが湘南美容外科クリニックにはこの制限がありません。契約した分は必ず脱毛できるので助かります。

以上、腕脱毛についての詳細な情報、さらにお得なサロンとクリニックを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、自分に適したサロンやクリニックを見つけ出して下さい。施術を続けることで自己処理が不要となり、肌の状態が改善されるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*