賢くメンズ脱毛サロンを選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛というのは現代的な美容術という印象がありますが、日本スキン・エステティック協会によるとその歴史は意外に古く、なんと紀元前3000〜4000年頃には古代オリエントで石灰、硫黄、でんぷんを混ぜ合わせた脱毛剤を用いていたといいます。

日本でも平安時代からムダ毛の処理はおこなわれていて、江戸時代には線香の火で毛を焼いたりしていました。その後も様々なやり方が試みられましたが、それらは「除毛」であり、ムダ毛が一生生えないようにする本当の脱毛は近代になってからのことになります。

特に21世紀に突入すると新しいテクノロジーが導入され、脱毛も面目を一新。それまで自己処理をおこなっていた人も毛抜きやカミソリが肌に悪い事実を知り、プロが丁寧に施術してくれる医療クリニックやサロンを利用し始めました。
おかげで脱毛専門の店や医院が続々とオープンし、現在はちょっとした脱毛ブームを呈しています。

さらに脱毛ブームの影響は女性にとどまらず、外見を気にする男性もこっそり施術に通うようになっているとか……。

実際、テレビの『マツコ会議』で2017年の秋、男性の脱毛事情が取り上げられたことがあります。そこでの調査によると、脱毛サロンの中には顧客の男女比が半々のところもあり、しかも客層のメインは中堅サラリーマンとのこと。脱毛に通うなどということはちょっと恥ずかしいので喧伝はされないのですが、男性の脱毛が結構な広がりを見せているのは確かなようです。

ただ脱毛にトライしたいと密かに思っていても、「脱毛専門のサロンやクリニックというのは女性が行くところ」というイメージがあり、男性にはハードルが高いものです。

「契約と施術にかかる費用は?」「脱毛完了までに何ヶ月必要?」「施術に何回通う?」といった疑問が障害となり、結局はサロン行きを断念しているという男性も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げてみました。男性専用の脱毛サロンに注目し、そこで採用されている「光脱毛」の詳細、その費用、痛みの有無、そして店舗選びのポイントについて解説していきます。脱毛に挑戦したい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは一体どういうもの?

光脱毛について
「電気の流れる針を毛穴に刺して、毛根を焼く」——

脱毛の施術について、こんな場面をイメージする人がいます。

これは別に間違いではありません。20年くらい前までは、サロンでもクリニックでも針に似た電極を毛穴に入れ込み、電気を通して脱毛をおこなっていたのです。

この脱毛方法は19世紀末にアメリカで考え出されたもので、「電気分解脱毛法」と呼ばれています。
ちょっと乱暴な方法に思えますが効果は抜群で、成功すれば死ぬまで肌がツルツルになるために世界中に普及しました。

日本でも「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」という名でポピュラー脱毛方法となり、上述したような施術のイメージを生み出すことになったのです(一部のクリニックでは現在でもこの方法で脱毛がおこなわれています)。

ただこの電気分解脱毛法、ひとつひとつの毛穴に手作業で電極を入れるために労力が要り、料金も高くなります。そのために利用する層は限られていました。

やがて、もっと安価で効率的な方法が登場します。それがレーザー脱毛です。

これはレーザー光線によって発毛器官を死滅させるというもので、面倒な手作業が省ける点で画期的でした。

やがて、この方法からさらに「光脱毛」という手軽な脱毛方法が生み出され、現在のサロンで広く使われることになったのです。

光脱毛の原理及び種類について

ここで光脱毛を簡単に紹介します。

光脱毛では、普通の光とは違った特殊なライトが使用されます。ライトはムダ毛に当たると毛の成分のひとつ・メラニン色素に吸収され、熱へと変化。その影響で発毛器官が損傷をこうむり、発毛がストップします。

この施術を丁寧に続けることで毛の本数が減っていき、やがて部位が無毛になるのです。

光脱毛にも種類があり、現在は以下の4つが使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴を解説しましょう。

まず、IPL方式。こちらは「フラッシュ脱毛」という別名があり、多くのサロンで使われています。もともと美肌ケア用だった広帯域の光線・インテンスパルスライトが毛根に影響し、その毛の産生を阻害します。

デメリットとしては、ライトの照射時にちょっと痛みがあること。ただチクッとするぐらいなので、あまり問題にはなりません。

次にSSC方式。「SSC」は”Smooth Skin Control”の略です。

IPLとどんな点が違うかというと、ライトに加えて専用ジェルを用いるところ。

ジェルには、「トレジャービーンズ」という小さなカプセルが配合されています。肌にジェルを塗ってクリプトンライトを照射すると、カプセルの有効成分が毛包に浸透し、毛の産生を抑制します。

メインの成分は「フィリニーブ」と呼ばれ、イソフラボン、サリチル酸、セイヨウシロヤナギ、メントールなどが入っています。保湿・炎症抑制効果も備えていて、術後の肌トラブル予防になります。

脱毛効果があるのはこのジェルの成分なので、ライトは低い温度でも構いません。ですから痛みは大変軽微です。

続いてSHR方式。「SHR」というのは”Super Hair Removal”の略で、「蓄熱式」とも言われます。

これまでの方式は毛根全部に損傷を加えていましたが、SHRは毛根の小さな部位・バルジ領域がターゲットになります。

このバルジ領域は毛球部に信号を送ることで発毛を促進しています。つまり、バルジ領域さえ弱体化すれば、ほかの器官は無傷でも脱毛できるわけです。

バルジ領域は肌表面に近い場所にあるため、ライトが低温でもダメージを与えられます。そのため、ほぼ痛みのない脱毛が可能です。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子がターゲットということで、メラニンの量が少ない毛でも脱毛できます。
光の温度は36〜38度しかないため痛みはなく、むしろ心地よいくらいです。
ただ、男性のヒゲには不向きで、他の部位しか脱毛できません。

光脱毛とレーザー脱毛を比べてみる

脱毛を比べてみる
サロンでは光脱毛がもっぱら使われていますが、医療クリニックではレーザー脱毛が主流です。この両方を色々なポイントから比較してみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数と処理可能なムダ毛の割合は、次のようになっています——

・6回  約50パーセント
・12回 約80パーセント
・18回 約95パーセント

一方、レーザー脱毛の場合、5〜6回の施術でおよそ95パーセントの毛が脱毛できます。

原理的にレーザー脱毛は光脱毛と変わりませんが、光線の威力が段違いなので、施術回数はかなり減少します。

「なぜ一回の施術で脱毛が終わらないの?」と不思議に思う人がいるかもしれません。それは、IPLやレーザーなどの光線が皮膚の外に出ている毛にしか反応しないためです。

毛には「毛周期」という成長サイクルがあり、IPLやレーザー光線で施術できるのは成長期の毛に限ります。他の毛は肌表面に伸びていないので、成長期まで待って施術しなければなりません。
そのため、レーザーのようにパワーのある光線でも、施術を何回もおこなう必要があります。

料金

光脱毛の施術コストの平均相場は、次の通りです——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円

そしてレーザー脱毛の相場は、以下のようになっています——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円

一見して分かる通り、料金については光脱毛の方が相当安くなっています。

痛み

光脱毛は、痛みに敏感な人にもってこいの脱毛方法です。IPL方式では照射時に少しチクチクしますが、他の方式に関しては痛みらしい痛みはありません。

もちろん、それだけ照射パワーは弱めに抑えられていて、脱毛終了までの施術期間は長くなります。

一方、レーザーはパワーがすさまじいので、照射時はどうしても激しい痛みがあります。ただ脱毛効果も高いため、痛みに関してはあきらめるほかありません(痛みに弱い人には、笑気麻酔を用いてくれる医院もあります)。

ただ、その痛みは照射時だけで、別にひどい火傷のように後を引くわけではありません。また施術を繰り返して毛が減っていくと、徐々に痛みも軽くなります。

様々なケア

サロンの場合、脱毛に加えて肌のケアもおこなう店が多く、店オリジナルのジェルに優れた保湿成分が入っていたり、術後の部位の冷却に時間をかけたりしてくれます。

一方、レーザー脱毛は、医療機関という限界もあって心地よいサービスは期待できません。術後の冷却も省略されることがあります。

快適なサービスを望んでいるなら、サロンの方と契約すべきでしょう。

光脱毛&サロンの長所と短所

長所と短所

長所

・施術コストがクリニックに比べて安上がりですむ
・痛みが軽微で、特にハイパースキン法なら無痛で施術ができる
・気配りのきいたサービスや美肌ケアが受けられる
・店の内装がキレイで、ぜいたくな気分になれる

短所

・施術の日数がかなり長く、手間のかかるコースだと数年必要
・産毛や色の薄い毛はメラニンが乏しいため、脱毛しにくい

サロンをどうやって選ぶ?

どうやって選ぶ?
メンズ脱毛サロン選びで注意すべきポイントを何点かあげてみます——

顧客は本当に男性だけなのか?

メンズ脱毛サロンと聞くと、「施術を受けに来るのは男性だけ」と考えがちですが、実際は女性でも契約可能なところがあります。

わざわざメンズ脱毛サロンと契約した男性の中には、施術しに来た姿を女性に見られたくないという人もいるはずです。

それなのに、待合室などで女性とはち合わせしてしまう、というのは不快なものです。

本当に顧客は男性だけなのかどうか、契約前に店側に聞いておきましょう。

施術を担当するのは必ず男性スタッフ?

顧客を男性に限っている店でも、必ず男性の脱毛士が機器を操作するとは限りません。サロンの中には、女性脱毛士が施術を担当するところもあります。

「女性脱毛士の施術は受けたくない」という男性もいると思いますので、男性スタッフを指名できるかどうか、あらかじめ調べておくべきです。

サロンの技術を口コミでチェック

男性と女性の脱毛では施術そのものは同じですが、その難易度は異なります。

というのも男性は男性ホルモンの分泌が豊富で、その分体毛も太くなります。剛毛というのは脱毛効果があがりにくく、女性の施術時よりもマシンの照射出力を大きくする必要があります。しかしその加減というのはよほどの経験がないとできません。

つまり脱毛士がどれだけ施術キャリアがあるかによって、効果の差が大きくなるわけです。

ところが、店の方ではそのスタッフの経験量について明かしてはくれませんし、公式サイトをチェックしても、脱毛士ひとりひとりの経歴などは載っていません。

こんな時にぜひチェックすべきなのが口コミサイトです。実際にそのサロンで施術を受けた人が経験談をあげているので、スタッフの腕前についても参考になります。

サロンのサービスや接客態度をチェック

サロンで全身脱毛のコースを選んだ場合、最低でも2年間は店に通い続ける必要があります。

それだけ脱毛士との接触が増えるわけですが、もしその態度が冷淡、あるいは横柄だと、気持ちよく施術を受けることはできません。

どれだけ料金が安かったとしても、サービスに不満足なら通いたくなくなるでしょう。

中途解約などという事態を避けるためにも、スタッフの接客態度について口コミなどをチェックしておきましょう。

以上、脱毛を希望する男性のために、メンズ脱毛サロンに関する情報を詳細に紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛はちょっとしたブーム状態で、各サロンは顧客獲得に懸命になっています。お得なディスカウントキャンペーンも毎月のように実施されているので、公式サイトを欠かさず見るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*