脱毛施術によって健康に害は出るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

健康に悪影響

脱毛の施術によって健康に悪影響は出るの?

プロの手で脱毛してもらう場合、脱毛サロンか医療クリニックに通うことになります。

このふたつのうち、より脱毛効果の強いのは、レーザーを用いる医療クリニックの方です。

脱毛の初心者には、

「脱毛の施術って皮膚癌のリスクがあるのでは?」
「内臓に悪い影響は?」
「レーザーのせいでシミができるって本当?」

というような不安を抱き、クリニックでの施術をためらっている人もいます。

本当に上記のような問題が起こるのでしょうか?

日本医学脱毛協会の報告によれば、医療用のレーザーなら皮膚癌になる心配はまずありません。逆にシミやほくろが薄くなるケースもあります。

またレーザーは毛根までしか届かないように調節されているので、内臓に悪い影響を及ぼすこともありません。

確かにレーザーは威力が強いため、時には肌の炎症が生じたり、赤み、むくみなどの副作用が起こるケースもありますが、何しろ施術を担当しているのがお医者さんですから、適切な処置をすぐに受けることができます。

一方、レーザーより弱いIPL(インテンス・パルス・ライト)で脱毛するサロンの方ですが、実は中途半端な強さの光が悪い影響を及ぼすことがあります。

例えば、脱毛されないで残った毛が長くなったり太くなったりする「硬毛化」という現象や、それまで毛が生えていなかった毛穴も活性化してしまう「増毛化」など、様々な副作用が報告されています。

また、中途半端な光の熱のせいで、普段は活動を休止している汗腺から汗が盛んに出始めることもあります。

ただ、これらの副作用はエステティシャンの腕さえ良ければめったに起こりません。

もし脱毛サロンで施術してもらいたいなら、なるべく事前にネットの口コミを調べ、評判のいい店を選ぶようにしましょう。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*