家庭用脱毛器を上手に買う方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前は「有閑マダムがヒマにあかしてやるもの」というイメージがあった脱毛も、最近はすっかり一般化しました。
コマーシャルのせいで一部のサロンや医療クリニックは有名になり、かなり繁盛しているようです。

ただ「行きたいけど時間やお金の余裕がない」「予約をわざわざ入れるのが面倒くさい」「スタッフにデリケートなパーツを見せたくない」といった理由で、それらの店や医院を避ける人もいます。

そんな人たちの間で注目されているのが、家庭用脱毛器です。

「自分もぜひ買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、その価格は高めですし種類もやたらに多く、どれが自分向きなのか迷ってしまいます。
適当に購入して失敗しないためにも、機種の特徴や効果に関して、あらかじめ確認しなければなりません。

そこで、このサイトを作ってみました。家庭で自由な時間に脱毛したい、という人のために、上手な家庭脱毛器の選び方などについて、紹介していこうと思います。

家庭用脱毛器の歴史と普及について

家庭用脱毛器
1980年代になって発表された「選択的光熱凝固理論」は、紀元前から綿々と続く脱毛の歴史の中でも滅多にない大発見でした。
1990年代になってその理論を応用したマシンが欧米で実用化。
そして2000年代には日本にも輸入され、施術に用いられるようになります。

ただ、それらはあくまでプロが使う大型機器。家庭での自己処理のツールには、カミソリ、毛抜といった簡易なものしかありませんでした。

そんな中、家庭用に開発された脱毛器「アイエピ」が2005年に売り出されます。

実はそれまでも家庭用脱毛器はあったのですが、評判が良いものとはいえませんでした。ところがこの「アイエピ」はサロン並みの脱毛ができるというのであっという間に評判となり、家庭に脱毛器を普及させる契機となったのです。

そして別のポピュラーな機種の発売が続き(2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」)、今の隆盛を呼び込むことになります。

これらの家庭用脱毛器の発売は、ムダ毛に悩んでいた人にとって、大変なニュースでした。

何しろサロンなどで脱毛するとなると、肌が無毛状態になるまで数ヶ月から数年、施術を続けなければなりません。途中で通うのがイヤになる人も多いですし、料金が10万円を超えることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、店と似た効果が期待できる上に料金も節約できるのですから、すぐにベストセラーになったのも当然といえます。

ただ脱毛器は、うまく購入しないと当たり外れが大きい、と言われています。
以下に述べていくマシンの特徴、方式のメリット・デメリットなどをしっかり理解し、自分にふさわしい脱毛器を見つけて下さい。

脱毛器選びで気をつけたいポイント

気をつけたいポイント
下のセクションでも説明していますが、家庭用脱毛器の方式には数種類あり、その差が効果にも大きくあらわれます。

ですから買う際には脱毛についての知識が欠かせず、「色やデザインが気に入ったから」といった理由で買ってしまうと、結果に満足ができないことになりがちです。

自分に合った家庭用脱毛器を手に入れるには、以下のような点に留意しましょう——

照射パワーは強い方がいいのか?

パワーは強い方がいいのか?
脱毛効果の感じ方は個人によってかなり異なるので「絶対だ」とは言い切れませんが、照射パワーの強さに比例して脱毛効果も高いのが普通です。とにかくしっかりと結果を出したい人は、パワーの強い機種を選ぶ方がいいでしょう。

ただ、威力が強まるとそれだけ毛穴や肌へ負担がかかり、火傷、かゆみなどの肌トラブルも起こりやすくなります。
トラブルを避けるには、出力を調節できるタイプを買うべきです。

意外に見落としがちな照射範囲

1回の照射で、どれほどの面積を手入れできるのか。その点は器械によってかなり違いがあるため、買う前にネットなどでチェックしておきましょう。

手入れにあまりに手間がかかると、脱毛器の使用自体がおっくうになります。「わざわざ高価な機種を買ったのに、使い勝手が悪くてガッカリした」ということも起こりがちなので、照射範囲のデータはしっかり確認して下さい。

希望の部位に対処しているか?

人によって脱毛を希望する部位は違います。

家庭用脱毛器を買う際は「どの部位の処理に使う予定か」を心に留め、「買いたい機種がどこの部位に対応しているのか」をチェックして下さい。

特に「顔」や「VIO」を処理したい場合は注意しましょう。他のパーツは手入れできても、敏感な部位には使えない機種が少なくありません。

公式サイトには対応できない部位を書いてあることが多いので、まず調べてみましょう。

コストパフォーマンスはどうか?

「本体を安くで買って喜んでいたのに、消耗品のカートリッジが高いのが分かってガッカリした……」

脱毛器の購入に関しては、そんな話を時々聞きます。

家庭用脱毛器には色々なタイプがあります。価格だけとっても、2万円弱から10万円強までバラエティに富んでいますが、使ううちに消耗していくカートリッジの存在を忘れてはいけません。

脱毛器を買う際は、カートリッジの価格とその交換頻度について、本体の値段と一緒にチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器の長所と短所

長所と短所

長所

・サロンやクリニックでの脱毛と比べ、2分の1以下の出費でしっかり処理が出来る
・サロンや医療クリニックにわざわざ通う必要がなく、余分な交通費が節約できる
・「人に見られたくない」というパーツも、いくらでも脱毛できる

短所

・背中、うなじ、お尻といった部位は、他人の手伝いがないと処理しにくい
・処理を1人でやり続けるので、つい怠け心が出る
・脱毛処理のほかに、肌トラブルの予防と対処をやらなければならない

家庭用脱毛器を使った永久脱毛は可能なの?

永久脱毛は可能なの?
家庭用脱毛器はプロが使う器械を小型化したもので、使われる光そのものは全く同じです。

ただ、火傷などの防止のため、照射パワーはかなり制限されています。そのため、相当な破壊力が必要とされる永久脱毛は不可能です。

ちなみに、サロンでも永久脱毛はできません。一般サロンで可能なのは「抑毛」の処理であって、一旦無毛になっても毛はそのうち再生します。

永久脱毛が希望なら、医療クリニックと契約の上、レーザー脱毛を受けて下さい。

家庭用脱毛器の脱毛方式とは?

脱毛方式とは?
家庭用脱毛器で使用されている脱毛方式について、いくつか解説してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器のほとんどで使われている脱毛方式が、フラッシュ式です。
サロンと同じように、メラニン色素に反応する特殊なライト(IPL)を用います。

このIPLを肌に照射すると、毛根だけが高熱による損傷を受けます。そして長い期間に渡って照射を継続すると発毛器官が弱体化し、毛の成長がストップするわけです。

この方式の第1の長所は照射口が大きく、ワンショットの処理範囲が広いこと。そのために1回あたりの処理時間も短く、腕、脚、背中といった部位にはピッタリです。

事故を避けるために照射出力は抑えられていて、安全対策もバッチリ。痛みもほとんどありません。

欠点は脱毛完了まで時間が必要なことですが、それでもおよそ1年照射を続けていれば、肌がツルツルになります。

レーザー式

レーザー式は、医療クリニックの器械に用いられている方式です。レーザー光をムダ毛のある肌に照射すると毛乳頭などの発毛器官がダメージを受け、毛が成長しなくなります。

威力が強いために脱毛完了までの日数も短くてすみ、およそ3ヶ月で効果が実感できます。

また光はフラッシュ式と違って広がらないので、細かいパーツを手入れしたい人に向いています。ただ、広いパーツだと時間がかかり、打ち漏れも生じやすくなります。

そして威力が強いゆえの「痛み」も大きな欠点です。ネットでも「痛みは思った以上の強烈さで、つい『うわっ』と声を出しました」「照射の直前は心臓がドキドキします」といった口コミが投稿されています。

特に痛いとされているのは、骨付近のスネ、デリケートゾーン、脇といったところで、もしこれらの部位を脱毛するなら、パワーをかなり落とした方がいいでしょう。

あと、レーザーは黒い色に反応して熱エネルギーに変わるので、シミ、ホクロ、日焼けにはシールを貼るか、照射そのものをやめるようにして下さい。

高周波(超音波)式

ムダ毛をピッカーという金属の先端ではさみ、微弱な電気を流して発毛を防ぐのが高周波(超音波)式。光を照射しないため、額の生え際、眉といった目の近くの部位も安心して処理できます。

また、他の方式では処理しにくい日焼け肌の毛や白髪も、高周波だと問題なく対処可能です。

ただ、1本1本を処理するために時間がかかり、足や背中といった広いパーツだと大変です。手入れをささっとすませたいなら、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式はすべて、毛根の発毛器官を高熱効果で弱体化し、毛の成長を防ぎます。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根には影響を与えません。

サーミコン式脱毛器は、ムダ毛をヘッドの熱線によって処理します。毛穴から外に伸びた部分を焼き切るだけなので、毛はすぐに生えてきます。

ただ、カミソリと違って毛先が丸くなるため、チクチク感が嫌いだという人にはおすすめできます。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーを転がすことでムダ毛を絡ませ、そのまま引き抜いてしまうというもの。

つまり毛抜と同じなのですが、広範囲を素早く手入れできるのがメリットになっています。
もちろん毛穴には負担が大きいため、肌が弱い人には推薦できません。

売れ筋の家庭用脱毛器の値段

値段
「家庭用脱毛器を買いたい」と考えた時、まず気になるのがその価格でしょう。

ここではサイトのデータを参考に、売れ筋の家庭用脱毛器の値段を一覧にしてみました(「照射面積」「ワンショットにおける単価」も書いておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
ワンショットにおける単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
ワンショットにおける単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
ワンショットにおける単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
ワンショットにおける単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
ワンショットにおける単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
ワンショットにおける単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
ワンショットにおける単価…0.29円

これらのうち、1番高価な機種はレイボーテグランデの116,640円、そして1番低価格なのは光エステの25,200円です(ちなみにぐっと低価格のものもあるのですが、それらは正式には「除毛器」なので含めていません)。

上で説明したように、買う時はカートリッジの存在を考慮しなければなりません。一覧には書きませんでしたが、カートリッジの値段がどれほどなのか、自分でチェックしておきましょう。本体とカートリッジの合計金額を比べることで、本当の値段の差がハッキリします。

そして、ワンショットにおける単価も重要な要素です。

一覧を見て、「ワンショットの値段の差なんて取るに足らない」と考える人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回照射したぐらいでは終わりません。2週間に1回、ムダ毛を処理したい部位にライトを当て続ける必要があります。つまりワンショットならちょっとの違いでも、蓄積されることでかなりの差となるのです。

最後に「照射範囲」も見逃せません。1回の照射面積が広いほどショット数は減少しますから、その数値によってカートリッジの長期的なコストが変わってきます。

なお、4xの照射範囲が特に狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だから……。
レイボーテグランデやケノン(両方ともフラッシュ式)と比べると、かなりの違いがあります。

広い部位を手入れしたいなら、ワンショットにおける単価と照射面積を欠かさず確認しておきましょう。

以上、家庭用脱毛器のメリット・デメリット、選び方のポイントなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか?

何度も述べたように、家庭用脱毛器で得られる効果は機種と方式次第です。
そのデータをあらかじめ把握しておくことが、失敗しない購入のコツとなります。

ぜひ自分に合った機種を購入し、楽しい脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*