思い切って顔脱毛してみたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔は人間にとって1番目立つ部分。特に外見に自信のある女性にとっては、自分の魅力を示す名刺のようなパーツです。

ところで、そのお手入れの時に「邪魔……」と感じてしまうのが、フェイスラインや頬などに伸びている産毛——。

鼻の下に生えているとヒゲそっくりに見えるので、カミソリで剃ることになりますが、これも続けていると黒ずみなどの原因になり、かえって見た目が悪化することに……。

こんな悩みを解消しようと、サロンに通って脱毛してもらう女性も多くなっています。

昔の顔脱毛は結構料金が高かったのですが、近年になって革新的な脱毛技術が登場し、手軽な値段で施術できるようになっています。

とはいっても、これまで脱毛など経験したことのない人にとって、サロンと契約して施術に通うというのは何となく億劫なものです。

そこでこのページでは、顔脱毛に関する知識を提供。さらにサロンの選び方などについても紹介してみることにしました。

以下に述べる情報が、産毛処理で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

レーザーの原理を応用した脱毛

顔脱毛について細かく述べていく前に、まず現在の施術がどんな方法で行われているのか、簡単に説明しておきます。

以前、脱毛の施術は結構たいへんでした。脱毛用に作られた「プローブ」という電気針をひとつひとつの毛穴に突き刺し、その発毛組織を焼き切っていたのです(これを「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼びます)。

この方法は毛根にダメージを与える点では抜群なのですが、何しろ特殊な針を毛穴に刺していくわけですから、どうしても痛みがともないます。ましてやそこに電気を流すわけですから、痛みに弱い人にとっては拷問のような怖さがあります(「脱毛は怖いもの」というイメージが世間に流布したのは、この方法のせいが大きいようです)。

やがてこの美容電気脱毛は「時間と手間がかかりすぎる」ということもあって廃れていきました。
現在では医療クリニックの一部でしか行われていません。

ではいま主流になっている脱毛方法は何かと言うと、痛みが少なくて効率の高い「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。

この脱毛方法は、レーザー光の原理を活用したものです。レーザー系の光は波長にしたがて様々な色素に反応するのですが、脱毛で用いられる光の場合は、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化します。

そのことで皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞などの発毛を司る組織に大きなダメージを与え、発毛を阻害してくれるのです。

レーザー系の光のうち、サロンで最もよく使用されるのは「IPL(インテンスパルスライト)」というもの。

このIPLは、以前からエステサロンで赤ら顔、ニキビ痕、くすみ、毛穴の引き締めなどの治癒に使われていたもの。脱毛用に改造された後もケア効果があるので、施術していくうちに肌のコンディションも良くなってきます。

最近では、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新方式が続々と開発され、サロンによって施術方法もバリエーションが出てきました。

方式について知った上で、自分にふさわしいものを選べばいいでしょう。

顔脱毛の平均費用はどれくらいなの?

顔脱毛を決意した時、最も気にかかるのはその費用でしょう。

有名サロン20社のデータによって平均料金を割り出すと「41,033円」になりました。

脱毛は高いもの、と思い込んでいた人は「意外に安い」と感じるかもしれません。

ちなみに顔脱毛はサロンばかりでなく、医療クリニックでも施術可能です。

こちらもデータで平均料金を割り出すと「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックの場合、施術費用はサロンの3倍を越えるわけです。

さすがにこの値段になると「ちょっと高い……」と思う人が多いかもしれません。

ただクリニックではサロンと違い、毛根の発毛機能を死滅させる「永久脱毛」が可能です。

サロンにするかクリニックにするか、自分の予算に合わせて決めて下さい。

初心者には「お試しコース」がピッタリ

脱毛未経験者を呼び込むために、ほとんどのサロンで格安なお試しコースが用意されています。初心者はこれによって接客態度、技術、サービスの内容がチェックできますから、ぜひ申し込んでみましょう。

なお、申し込みはネット経由が一番。「これ」と思ったサロンのサイトへ行き、料金をチェックした上で手続きします。

その際、サロンへ行く日を予約。
それから直接出向くことになりますが、まず最初に受けることになるのがカウンセリングです。
内容は、施術希望部位や病歴の聞き取り、脱毛に関するガイダンス、プランについての説明など。

初日はこれだけで終了し、後日施術を受けることになります。

施術の際は——

・スタッフのサービスや接客態度は?
・施術時に痛みはあるか?
・術後の肌の保湿はどうなっているか?

などのポイントをチェックしましょう。

これでよい点数が出れば、そのまま正規プランの契約をすればいいですし、悪い点数ならばそのまま終了です。後者の場合、他のサロンを再びネットで調べ、同じように「お試し」に出かけることになります。

最近は脱毛もブーム状態なのでサロンも急増中。
きっと自分にピッタリの店に出会えるはずです。

顔脱毛するなら「キレイモ」か「ジェイエステティック」

顔脱毛で人気のあるサロンを2つ紹介します。

まず、渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美などを起用したCMでおなじみの「キレイモ」。

ここの顔脱毛がいいのは、他のサロンよりも施術できる部位が多いことです。
他店で施術したものの満足できず、キレイモで脱毛し直す女性もいるようです。

続いてオススメしたいのは、「ジェイエステティック」。

ここで1番人気なのが「フェイス6」というプラン。1回の料金がたった2,500円なので、「最初の脱毛はなるべく安上がりにしたい」という人にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを導入しているので、毛穴の高熱のせいで乾きがちな肌をしっかりとケアしてくれます。

「数が多すぎて、どのサロンを選べばいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つをサイトで調べてみて下さい。

以上、現在の脱毛方法、平均的な料金、お試しコース、オススメのサロンについて解説してきました。

これ以降は、施術を続けるうちに感じる疑問や、スムーズな脱毛のための注意点について、具体的に述べていきましょう。

歯の治療を受けていると施術はどうなる?

実は、毛というのはその成長がバラバラです。一本一本処理すべき時期が異なるために、完全に毛が生えないようにするには手間と日数がかかってしまいます。

そのため、休みを入れながら、数ヶ月に渡ってサロンに通い続けるのも仕方ないことです。

施術が長期に及ぶため、その期間中に虫歯になって歯医者で治療を受ける、という人も出てくるでしょう。

日数を十分にあけて予約を取ればいいのですが、スケジュールの関係で歯の治療と脱毛の施術が連続する可能性もあります。こんな場合、具合の悪いことは起こらないのでしょうか。

気にかかるのでサロンに聞いてみると、「通常の歯の治療なら、脱毛も連続してできる」とのこと。

ただ、歯医者で処方される痛み止めについては、注意しなければなりません。

実は、一部の痛み止めの成分は「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こす可能性があります。

これは、光を照射すると皮膚が過剰反応を起こし、かゆみやむくみ、水ぶくれなどが生じるというもの。痛み止めを摂取したら必ずこの症状が生じるわけではありませんが、リスクを回避するためにも痛み止めの摂取は厳禁です。

もしうっかり摂ってしまったときは、必ずスタッフにそのことを告げるようにしましょう。

また歯列を矯正している場合も、施術前にそのことをスタッフに報告して下さい。光が器具に反応して高熱に変わり、口の中を火傷する危険性があります。口周りの施術を予定しているなら、後回しにすべきです。

ただ、プラスチックやセラミックのような非金属の矯正器具なら、施術しても問題ありません。

このように条件は様々です。
不安な点があったら必ず相談し、スタッフの判断に委ねましょう。

顔にニキビがあると、施術はできない?

上で書いたように脱毛では特殊なレーザー系の光を使用するため、ごくたまに体調に変化が生じる人もいます。
そのため、サロンでは施術が可能かどうか様々な条件を設けています。

たとえばムダ毛が伸びていると、そのメラニン色素に光が反応し、毛が高熱を帯びることがあります。
それを回避するために客の方であらかじめ毛を短くしておく必要があるのですが、ついそれをサボって長い状態のままサロンに来る人もいます。
その場合、そこの施術はすぐにはできなくなってしまいます。

また過剰な皮膚の乾燥も施術中止の要因となります。肌の乾きがひどいと、光で生じる高熱で無用なトラブルが生じやすくなるからです。

では、ニキビのせいで施術ができない、ということはあるのでしょうか?

いくつかのサロンに電話で質問してみたところ、ほとんどのところでは「ニキビがあっても施術はできる」という返事でした。

というのも施術に使われる光は、メラニン色素を含む発毛組織(毛乳頭、毛母細胞など)にダメージを及ぼすだけで、ニキビなどの色の薄いところはそのまま素通りするからです。ですから施術時も問題は発生しません。

ただ、あまりにも炎症がひどい場合は照射で症状が悪化することもあります。
施術できるどうかはスタッフの判断を仰いだ方がいいでしょう。

施術で使われる光で、シミやそばかすができる?

上で説明したように現在の脱毛方法はレーザー技術の応用で、メラニン色素に反応する光を肌に照射する、というものです。これは医療クリニックでもサロンでも変わりません。

ただ「レーザー系の強い光を照射したら、肌が日焼けのようになってシミができるのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに肌トラブルの主要原因と言われるのが、紫外線による日焼け。
サロンのIPLも強い光なので、日光と同じように肌に害を及ぼすのではないか、と勘違いしがちです。

しかし上述したようにサロンで使われる脱毛器は、ずっとエステで肌ケアのために使用されてきた歴史があります。美肌づくりに役立つくらいですから、決して皮膚に有害なものではありません。

「でもネットを見ると『顔脱毛のせいでシミやそばかすができてしまった』っていう口コミが投稿されているけど?」

そういう例を上げて反論する方がいるかもしれません。

このような現象については、理由が2つ考えられます。

まずターンオーバーが進んだために、深層に隠れていたシミ予備軍が肌にあらわれた、というもの。

施術の影響で新陳代謝が活発になり、潜んでいたシミが表面に出てくることは珍しくありません。

ただ、それらはターンオーバーが進行するにつれ、ほとんどが消えてしまいます。

あと施術の熱で乾燥した肌に傷がつき、術後の保湿不足からそれが痕になってしまうケース。これをシミだと錯覚してしまうことがあります。

いずれにせよ、シミなどができるのは別に脱毛が直接原因というわけではありません。施術を受けても保湿さえしっかりしていれば大丈夫です。

施術に出かける時はスッピンでないとダメ?

契約後、サロンに初めて出かける際、初心者が困るのが、

「メイクをしていっていいのか?」

という疑問。

なにしろ顔の産毛を処理するわけですから、化粧をしていたのでは施術の邪魔になるでしょう。

しかし10代の女の子ならともかく、常に化粧なしではいられない大人の女性がサロンに着くまで人混みをスッピンで歩くのも大変……。初心者がそのことで不安を覚えるのも当然でしょう。

先に結論を言ってしまうと、いつも通りに化粧をして出かけても大丈夫です。

というのも、大部分のサロンには化粧用のブースがありますし、自分でオフしなくても施術担当者が化粧を落としてくれるサービスもあります。

ただ、いくらそんなブースやサービスがあるといっても、化粧をガッチリしていくとそれだけ落とすのに時間が取られてしまいます。

スタッフに嫌がられないためにも、化粧は控えめにし、迅速に施術に移れるように心がけましょう。

以上、顔脱毛全般やサロンの選び方について色々な情報をお届けしました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参照しながら、自分にふさわしいサロンを見つけて下さい。
産毛を処理することでカミソリや毛抜きを使う必要もなくなり、肌のコンディションも改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*