医療脱毛クリニック選びで成功するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

かつては「金持ちだけが受けられる美容術」と言われた脱毛。ところが近年では、キレイな肌を求める女性が多くなり、大金を支払ってムダ毛を脱毛してもらうのも特別珍しいことではなくなりました。
特に腕や脚を露出する服装を好む人は、自己処理では肌の状態が悪くなると聞き、専門家に毛の処理を一任するようになっています。

せっかく時間とお金を費やして脱毛に通うのですから、できるだけ効果をあげたいというのは当たり前です。脱毛方法には様々なものがあるとはいえ、実際に脱毛の処理をおこなっているのは、サロンと医療クリニックの2つしかありません。

かつては有名芸能人やモデルが登場するコマーシャルの影響で、サロンに行く人が圧倒的に多かったようですが、最近では医療クリニックのメリットも知られつつあり、どちらを選ぼうか、思い悩む人も少なくないようです。

そこでこのページを立ち上げ、医療脱毛クリニックの色々な情報を紹介することにしました。
その利点・難点はもちろん、脱毛方法の特徴、クリニックの選び方など、脱毛未経験者に役立つ知識を細かく解説していきます。

医療クリニックの3つの特徴

医療クリニックの特徴
ムダ毛の専門家が脱毛をおこなってくれるのは、今のところ医療クリニックと脱毛サロンしかありません。クリニックの方を選ぶなら、あらかじめその特徴を把握しておいた方がいいでしょう。

1)レーザー光線を用いる

サロンよりも医療クリニックの方が、はるかに脱毛効果が出ると言われています。
なぜならクリニックのマシンだけが、威力の強いレーザー光線を射出できるからです。

約30年前、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所の科学者チームが雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」は、クレオパトラの時代から延々と続く長い脱毛の歴史の中でも画期的な発見となりました。彼らはレーザーによる脱毛の可能性に初めて気づいたのです(ちなみに、そのチームの1人であるR・ロックス・アンダーソンは、入れ墨を消すインクを発明したことでも知られています)。

それまで最も普及していた脱毛方法は、「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)でした。これは1875年にセントルイスの眼科医チャールズ・ミッチェルが考案したもので「電気分解脱毛法」と呼ばれています。
針状の電極(プローブ)から電流を通し、発毛器官である毛包を凝固化する、というもの。

この方法は発毛そのものを阻害するという点で優秀で、アメリカでは広く使われたようですが、なにしろ細いプローブを手作業で毛穴に差し込んでいくために時間が必要で、それだけ施術コストも高くなってしまいます。しかも痛みが強く、客は相当な忍耐を強いられます。

この状況を劇的に変えたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛が画期的だったのは、毛に3%だけ含有されているメラニン色素に注目したところ。

単一の波長を持つレーザー光線は、他の光と違って拡散せず、発射した方向に一直線に進みます。指向性が高く、小さな部分に集光することが可能なため、ダメージを与える力は抜群です。

そしてもうひとつの特徴は、波長に応じて1つの色だけに反応する、という点。つまり、黒、青、赤といった色がついた細胞に光線を照射すると、それだけで甚大な損傷を及ぼせる、ということです。

脱毛では、黒色に反応するように波長を700nmから1000nmに調整。周辺の組織には害を与えないため、肌へ直に照射ができます。

レーザーはメラニンに吸収され、摂氏65度〜70度の熱エネルギーに変わるのですが、この高熱が毛包の幹細胞を壊し、毛の産生を止めるわけです。

施術も簡単で、波長を変えてレーザー光線を当てるだけ。照射口のビームスポットは直径わずか数ミリですが、1回の照射は100分の1秒ですむため、施術は迅速です。ニードル脱毛のような作業はいりません。

最初は白人向けのレーザーだけでしたが、すぐに黄色人種向けにアレキサンドライトレーザーが登場し、日本でも施術に使われ始めました。現在は色々な媒質によるレーザー光線がそろっていて(YAG、ダイオードなど)、部位や体質に合わせて使い分けられるようになっています。

2)「永久脱毛」が可能

脱毛については、いい加減な知識が世間に広まっています。
たとえば「1度ライトを当てれば、その部位はすぐに無毛状態になる」と思い込んでいる人がいます。

もちろん、それは違います。毛の産生をつかさどる毛包は頑健な組織で、1回の照射程度ではそれほどダメージを受けません。

また脱毛は、「毛周期」と呼ばれる成長サイクルに応じて照射を継続する必要があります。施術の頻度は2ヶ月に1度くらいで、何回もライトが当たるうちに毛の本数が減少していき、そのうち部位が無毛状態になって脱毛完了。施術は数年間かかることも珍しくありません。

ちなみにサロンでも毛根に反応する光線を用いますが、そのパワーが抑制されているために、毛包は短期間衰えるだけです。施術から数年で、再びムダ毛は成長を始めます。

その点、医療クリニックではパワーが激烈なレーザー光線を使用するため、毛包が破壊される可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)医師だけがマシンの操作を担当する

上のセクションでも説明しましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと似た要素があるとは言え、照射される光の種類が違うためにレーザー脱毛とは呼べません。また照射出力に関する限り、レーザーとサロンのライトでは砲弾と銃弾ほどの違いがあります。サロンのスタッフに資格が必要とされないのも、サロンの光線のパワーが弱いからです。

一方、レーザー脱毛は威力の強い光線を照射するので、少しの操作ミスが重いケガにつながりかねません。そのため脱毛機器を扱えるのは、万一の時に処置のできる医師に限られています。もちろん、治療用の器具・設備がそろっているため、その点でも安心です。

医療脱毛の良い点・悪い点

良い点・悪い点

良い点

・脱毛機器を操作するのは医師なので、事故が起こっても対処してもらえる
・永久脱毛が可能なため、一生その部位のムダ毛が生えない確率が高まる
・脱毛完了に要する日数がサロンよりはるかに短く、施術回数も少ない

悪い点

・格安プランと値引きキャンペーンの多いサロンより、施術コストがかなり高め
・パーツによっては照射時の痛みが強いため、施術そのものを避けたくなる
・レーザーの威力が強いので、炎症・毛膿炎などが生じる怖れがある

クリニックとサロンの相違点について

クリニックとサロンの相違点
脱毛サロンとクリニックの差についてはすでに少し触れましたが、ここでもっと相違点を列記してみます——

施術コスト

脱毛がブームとなる前から、サロンは目立つ広告を雑誌に出していますが、そこには大きな字で「今月だけのキャンペーン」「格安のコースプラン」などと書かれています。これで分かるように、サロンで脱毛してもらう利点のひとつは、その料金の安さです。

一方、クリニックは医療機関としての制限もあり、施術料が大幅にディスカウントされることは滅多にありません。

ここで、両方の費用が一体いくらくらいなのか、比較するために一覧にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。知名度のある大手サロン20社の公式サイトから、各部位の平均コストを算出してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円

となりました。

続いて医療クリニックです。こちらもよく知られている20院の平均料金を計算しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円

こうして見ると、コストの差は一目瞭然です。特に料金差があるのが顔脱毛で、クリニックの費用はサロンの3倍を越えます。

効果

サロンとクリニックでは脱毛方式の違う器械を使っているため、その結果にもかなりの差が出ます。

現在、サロンでは4、5種類に及ぶ脱毛方法が採用されていますが、その中で最も人気のあるのがIPL脱毛です(「フラッシュ脱毛」「光脱毛」とも呼ばれます)。

ワンショットで施術できる面積が大きく、腕、背中、脚といった広い部位にピッタリです。照射出力も小さめなので、痛みも強くありません。

他の方法には、クリプトンライトと専用ジェルを一緒に使うSSC脱毛、毛包全体ではなくバルジ領域だけを弱体化するSHR脱毛などがありますが、どれもその脱毛効果は限定されています。つまり、サロンの施術は発毛を一時的に抑える「減毛」「抑毛」にすぎず、その効果は数年しかもちません。

一方、医療クリニックのレーザーは威力が段違いなので、施術が終了すれば、毛が復活する可能性は低くなります。

保証

脱毛サロンもクリニックも、保証に関しては同じようなものです。

効果に満足できるまで施術できる「永久保証」、期限を指定日数だけ延ばせる「期間保証」、中途解約の時に未使用の前金を返してくれる「返金保証」などは、クリニックでもサロンでも利用できます。

ただ、各医院によって種類・条件が異なるので、事前に公式サイトなどでチェックしておきましょう。

その他

意外に無視されがちですが、クリニックとサロンの支店(支院)数の違いというのは見逃せません。

脱毛は簡単に終わるものではありません。部位のムダ毛が完全に処理できるまで時間がかかり、全身脱毛のようなプランになると、施術に数年を要することもあります。

長い期間なので、人によっては生活環境が激変してしまうケースも出てきます。たとえば引っ越しや転勤がそうですが、引っ越しした先にクリニックの支院が見当たらないため、契約時に払ったお金がムダになることもあります。

部分脱毛ならせいぜい数万円なのであきらめやすいのですが、大掛かりなコースだと前払い金はほとんどの場合20万円を越えます。こうなると引っ越し後もそのまま施術を続けたい、と考えるのが当然でしょう。

知名度の高い大手サロンなら全国に支店を設けているため、引っ越し後も契約を活かせる可能性が高くなります。ところがクリニックの場合、全国に支院があるところは少なく、転居してしまうと前金がムダになるケースが多いようです。

ということで、「よく引っ越しする」という人の場合、全国各地に店舗がある大手サロンを選んだ方が無難かもしれません。

クリニックを選ぶ際の5つのポイント

クリニックを選ぶ際のポイント

保証期間が重要

一旦脱毛の施術を開始すると、契約した回数を決められた日数内に終わらせる必要があります。パーツやプランによってその日数は異なりますが、2年から3年というのが普通です。
中には5年という長期の医院もあるので、中々施術に行けないという人はそちらにするといいでしょう。

リスクについての説明は?

クリニックでは破壊力の強いレーザーを用いるので、医者はそのリスクを契約前に顧客に説明しなくてはいけません。公式サイトにもそのリスクが書かれているか、チェックしましょう。

料金の総額ははっきりしているか?

クリニックの中には、施術コストが高額であることをごまかすため、わざと不明瞭な料金設定にしているところもあります。そういう医院は信頼性に欠けるので、総額を明示しているクリニックと契約しましょう。

医師の情報は明示されている?

施術担当の医師の情報が公式サイトに書かれているか、あらかじめ確認しておきましょう。
情報を省いているクリニックは、経営方針に問題があります。

医師がカウンセリングを兼ねているか?

施術は医者が担当するものの、カウンセリングについては看護師に任せているクリニックもあるようです。脱毛とはいえ、客は患者ですから、そんな態度は無責任です。他の医院を選んだ方がいいでしょう。

以上、医療クリニックに関わる様々な情報をお伝えしてきました。いかがだったでしょうか。

クリニックについては「レーザーの痛みがひどいようなのでイヤ」「料金がサロンの何倍もする」といった理由で、敬遠したいという人もいるでしょう。ただ、その脱毛効果の確かさはサロンとは比較になりません。
「効果が何よりも重要」という人には、やはりクリニックをおすすめします。

どうかこのページを参考にして、自分にふさわしいクリニックを探してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*