脱毛コラム

思い切って顔脱毛してみたら?

顔は人間にとって1番目立つ部分。特に外見に自信のある女性にとっては、自分の魅力を示す名刺のようなパーツです。

ところで、そのお手入れの時に「邪魔……」と感じてしまうのが、フェイスラインや頬などに伸びている産毛——。

鼻の下に生えているとヒゲそっくりに見えるので、カミソリで剃ることになりますが、これも続けていると黒ずみなどの原因になり、かえって見た目が悪化することに……。

こんな悩みを解消しようと、サロンに通って脱毛してもらう女性も多くなっています。

昔の顔脱毛は結構料金が高かったのですが、近年になって革新的な脱毛技術が登場し、手軽な値段で施術できるようになっています。

とはいっても、これまで脱毛など経験したことのない人にとって、サロンと契約して施術に通うというのは何となく億劫なものです。

そこでこのページでは、顔脱毛に関する知識を提供。さらにサロンの選び方などについても紹介してみることにしました。

以下に述べる情報が、産毛処理で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

レーザーの原理を応用した脱毛

顔脱毛について細かく述べていく前に、まず現在の施術がどんな方法で行われているのか、簡単に説明しておきます。

以前、脱毛の施術は結構たいへんでした。脱毛用に作られた「プローブ」という電気針をひとつひとつの毛穴に突き刺し、その発毛組織を焼き切っていたのです(これを「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼びます)。

この方法は毛根にダメージを与える点では抜群なのですが、何しろ特殊な針を毛穴に刺していくわけですから、どうしても痛みがともないます。ましてやそこに電気を流すわけですから、痛みに弱い人にとっては拷問のような怖さがあります(「脱毛は怖いもの」というイメージが世間に流布したのは、この方法のせいが大きいようです)。

やがてこの美容電気脱毛は「時間と手間がかかりすぎる」ということもあって廃れていきました。
現在では医療クリニックの一部でしか行われていません。

ではいま主流になっている脱毛方法は何かと言うと、痛みが少なくて効率の高い「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。

この脱毛方法は、レーザー光の原理を活用したものです。レーザー系の光は波長にしたがて様々な色素に反応するのですが、脱毛で用いられる光の場合は、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化します。

そのことで皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞などの発毛を司る組織に大きなダメージを与え、発毛を阻害してくれるのです。

レーザー系の光のうち、サロンで最もよく使用されるのは「IPL(インテンスパルスライト)」というもの。

このIPLは、以前からエステサロンで赤ら顔、ニキビ痕、くすみ、毛穴の引き締めなどの治癒に使われていたもの。脱毛用に改造された後もケア効果があるので、施術していくうちに肌のコンディションも良くなってきます。

最近では、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新方式が続々と開発され、サロンによって施術方法もバリエーションが出てきました。

方式について知った上で、自分にふさわしいものを選べばいいでしょう。

顔脱毛の平均費用はどれくらいなの?

顔脱毛を決意した時、最も気にかかるのはその費用でしょう。

有名サロン20社のデータによって平均料金を割り出すと「41,033円」になりました。

脱毛は高いもの、と思い込んでいた人は「意外に安い」と感じるかもしれません。

ちなみに顔脱毛はサロンばかりでなく、医療クリニックでも施術可能です。

こちらもデータで平均料金を割り出すと「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックの場合、施術費用はサロンの3倍を越えるわけです。

さすがにこの値段になると「ちょっと高い……」と思う人が多いかもしれません。

ただクリニックではサロンと違い、毛根の発毛機能を死滅させる「永久脱毛」が可能です。

サロンにするかクリニックにするか、自分の予算に合わせて決めて下さい。

初心者には「お試しコース」がピッタリ

脱毛未経験者を呼び込むために、ほとんどのサロンで格安なお試しコースが用意されています。初心者はこれによって接客態度、技術、サービスの内容がチェックできますから、ぜひ申し込んでみましょう。

なお、申し込みはネット経由が一番。「これ」と思ったサロンのサイトへ行き、料金をチェックした上で手続きします。

その際、サロンへ行く日を予約。
それから直接出向くことになりますが、まず最初に受けることになるのがカウンセリングです。
内容は、施術希望部位や病歴の聞き取り、脱毛に関するガイダンス、プランについての説明など。

初日はこれだけで終了し、後日施術を受けることになります。

施術の際は——

・スタッフのサービスや接客態度は?
・施術時に痛みはあるか?
・術後の肌の保湿はどうなっているか?

などのポイントをチェックしましょう。

これでよい点数が出れば、そのまま正規プランの契約をすればいいですし、悪い点数ならばそのまま終了です。後者の場合、他のサロンを再びネットで調べ、同じように「お試し」に出かけることになります。

最近は脱毛もブーム状態なのでサロンも急増中。
きっと自分にピッタリの店に出会えるはずです。

顔脱毛するなら「キレイモ」か「ジェイエステティック」

顔脱毛で人気のあるサロンを2つ紹介します。

まず、渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美などを起用したCMでおなじみの「キレイモ」。

ここの顔脱毛がいいのは、他のサロンよりも施術できる部位が多いことです。
他店で施術したものの満足できず、キレイモで脱毛し直す女性もいるようです。

続いてオススメしたいのは、「ジェイエステティック」。

ここで1番人気なのが「フェイス6」というプラン。1回の料金がたった2,500円なので、「最初の脱毛はなるべく安上がりにしたい」という人にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを導入しているので、毛穴の高熱のせいで乾きがちな肌をしっかりとケアしてくれます。

「数が多すぎて、どのサロンを選べばいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つをサイトで調べてみて下さい。

以上、現在の脱毛方法、平均的な料金、お試しコース、オススメのサロンについて解説してきました。

これ以降は、施術を続けるうちに感じる疑問や、スムーズな脱毛のための注意点について、具体的に述べていきましょう。

歯の治療を受けていると施術はどうなる?

実は、毛というのはその成長がバラバラです。一本一本処理すべき時期が異なるために、完全に毛が生えないようにするには手間と日数がかかってしまいます。

そのため、休みを入れながら、数ヶ月に渡ってサロンに通い続けるのも仕方ないことです。

施術が長期に及ぶため、その期間中に虫歯になって歯医者で治療を受ける、という人も出てくるでしょう。

日数を十分にあけて予約を取ればいいのですが、スケジュールの関係で歯の治療と脱毛の施術が連続する可能性もあります。こんな場合、具合の悪いことは起こらないのでしょうか。

気にかかるのでサロンに聞いてみると、「通常の歯の治療なら、脱毛も連続してできる」とのこと。

ただ、歯医者で処方される痛み止めについては、注意しなければなりません。

実は、一部の痛み止めの成分は「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こす可能性があります。

これは、光を照射すると皮膚が過剰反応を起こし、かゆみやむくみ、水ぶくれなどが生じるというもの。痛み止めを摂取したら必ずこの症状が生じるわけではありませんが、リスクを回避するためにも痛み止めの摂取は厳禁です。

もしうっかり摂ってしまったときは、必ずスタッフにそのことを告げるようにしましょう。

また歯列を矯正している場合も、施術前にそのことをスタッフに報告して下さい。光が器具に反応して高熱に変わり、口の中を火傷する危険性があります。口周りの施術を予定しているなら、後回しにすべきです。

ただ、プラスチックやセラミックのような非金属の矯正器具なら、施術しても問題ありません。

このように条件は様々です。
不安な点があったら必ず相談し、スタッフの判断に委ねましょう。

顔にニキビがあると、施術はできない?

上で書いたように脱毛では特殊なレーザー系の光を使用するため、ごくたまに体調に変化が生じる人もいます。
そのため、サロンでは施術が可能かどうか様々な条件を設けています。

たとえばムダ毛が伸びていると、そのメラニン色素に光が反応し、毛が高熱を帯びることがあります。
それを回避するために客の方であらかじめ毛を短くしておく必要があるのですが、ついそれをサボって長い状態のままサロンに来る人もいます。
その場合、そこの施術はすぐにはできなくなってしまいます。

また過剰な皮膚の乾燥も施術中止の要因となります。肌の乾きがひどいと、光で生じる高熱で無用なトラブルが生じやすくなるからです。

では、ニキビのせいで施術ができない、ということはあるのでしょうか?

いくつかのサロンに電話で質問してみたところ、ほとんどのところでは「ニキビがあっても施術はできる」という返事でした。

というのも施術に使われる光は、メラニン色素を含む発毛組織(毛乳頭、毛母細胞など)にダメージを及ぼすだけで、ニキビなどの色の薄いところはそのまま素通りするからです。ですから施術時も問題は発生しません。

ただ、あまりにも炎症がひどい場合は照射で症状が悪化することもあります。
施術できるどうかはスタッフの判断を仰いだ方がいいでしょう。

施術で使われる光で、シミやそばかすができる?

上で説明したように現在の脱毛方法はレーザー技術の応用で、メラニン色素に反応する光を肌に照射する、というものです。これは医療クリニックでもサロンでも変わりません。

ただ「レーザー系の強い光を照射したら、肌が日焼けのようになってシミができるのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに肌トラブルの主要原因と言われるのが、紫外線による日焼け。
サロンのIPLも強い光なので、日光と同じように肌に害を及ぼすのではないか、と勘違いしがちです。

しかし上述したようにサロンで使われる脱毛器は、ずっとエステで肌ケアのために使用されてきた歴史があります。美肌づくりに役立つくらいですから、決して皮膚に有害なものではありません。

「でもネットを見ると『顔脱毛のせいでシミやそばかすができてしまった』っていう口コミが投稿されているけど?」

そういう例を上げて反論する方がいるかもしれません。

このような現象については、理由が2つ考えられます。

まずターンオーバーが進んだために、深層に隠れていたシミ予備軍が肌にあらわれた、というもの。

施術の影響で新陳代謝が活発になり、潜んでいたシミが表面に出てくることは珍しくありません。

ただ、それらはターンオーバーが進行するにつれ、ほとんどが消えてしまいます。

あと施術の熱で乾燥した肌に傷がつき、術後の保湿不足からそれが痕になってしまうケース。これをシミだと錯覚してしまうことがあります。

いずれにせよ、シミなどができるのは別に脱毛が直接原因というわけではありません。施術を受けても保湿さえしっかりしていれば大丈夫です。

施術に出かける時はスッピンでないとダメ?

契約後、サロンに初めて出かける際、初心者が困るのが、

「メイクをしていっていいのか?」

という疑問。

なにしろ顔の産毛を処理するわけですから、化粧をしていたのでは施術の邪魔になるでしょう。

しかし10代の女の子ならともかく、常に化粧なしではいられない大人の女性がサロンに着くまで人混みをスッピンで歩くのも大変……。初心者がそのことで不安を覚えるのも当然でしょう。

先に結論を言ってしまうと、いつも通りに化粧をして出かけても大丈夫です。

というのも、大部分のサロンには化粧用のブースがありますし、自分でオフしなくても施術担当者が化粧を落としてくれるサービスもあります。

ただ、いくらそんなブースやサービスがあるといっても、化粧をガッチリしていくとそれだけ落とすのに時間が取られてしまいます。

スタッフに嫌がられないためにも、化粧は控えめにし、迅速に施術に移れるように心がけましょう。

以上、顔脱毛全般やサロンの選び方について色々な情報をお届けしました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参照しながら、自分にふさわしいサロンを見つけて下さい。
産毛を処理することでカミソリや毛抜きを使う必要もなくなり、肌のコンディションも改善されていくはずです。

脇脱毛をしたいけど勇気が出ない方へ

ワキ脱毛をしたいけど勇気が出ない女性に……

夏になって露出が増えると、女性の悩みのタネとなるのが色々な部位のムダ毛です。
特にノースリーブを着ているときにワキ毛が伸びていると、腕を上げた時に他人の視線が向けられることになります。

恥をかかないためにも普段の処理が重要なのですが、毎日となるとかなり面倒。

おまけにカミソリや毛抜きで処理していると、黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛などが生じやすくなり、ワキの見た目がかえって悪くなることも。

あまりの面倒臭さに、

「サロンに行って脱毛してもらおうか……」

と考える女性も多いでしょう。でも未経験者にとって、サロンでの施術というのは結構不安なものです。

「サロンには何ヶ月くらい通うの?」
「施術が完了するまでの回数は?」
「痛みがひどいらしいけど本当?」
「料金は最終的にいくらかかる?」

これらの疑問のせいで億劫になり、結局はサロンと無縁なまま自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の特徴、料金などについて紹介し、初心者の疑問に答えてみることにしました。

このページの情報が、脱毛を考えている女性の助けになれば、と思います。

「脱毛」はどんなもの?

ワキ脱毛の情報を紹介していく前に、「そもそも脱毛とはどういうものか?」ということを説明しましょう。

「脱毛」というと、特殊な電気針で1本1本ムダ毛を抜いていく、というイメージを抱く人がいるかもしれません。しかしそれは勘違い。
施術の対象となるのは、肌の表面に生えているムダ毛そのものではないのです。

ではどこがターゲットかというと、皮膚の中に隠れた毛根部分。

施術の方法を具体的に述べますと、IPLやレーザーなどの特殊な光を肌に当て、毛根部分に強い損傷を与えていきます。

これらの光は黒いメラニン色素にだけ反応する性質を備えています。肌はそのまま素通りして、毛根で初めて熱エネルギーへと変化。発毛を促す組織(毛乳頭、毛母細胞など)に高熱を加えて、毛が生えないようにするわけです。

この光を用いる方法は、脱毛史上、画期的なものでした。手間と時間が大幅に減ったために料金も安くなり、脱毛人口は急増。
最近では脚などのお馴染みの部位のほか、VIOといった特殊な脱毛も手軽に行われるようになっています。

その中でもワキは1、2位を争う人気部位。やはり、夏の露出に備えて「ムダ毛を処理するならまずワキから」と思っている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているため、汗の量が多いところでもあります。老廃物や汚れが他の部位に比べて溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった症状や病気も起こりやすいと言われています。

ワキ肌のコンディションを保ちたいなら、ムダ毛を早く脱毛し、刺激の強いカミソリなどの自己処理はやめてしまいましょう。

施術回数、料金、痛みの有無は?

上述の説明で、ワキ脱毛のメリットがお分かりになったと思います。

「すぐにサロンに行って施術を受けたい」と浮足立つ女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンと契約する段になると、以下のようなポイントが気になると思います——

・施術は最低何回受ければいいのか?
・料金は最終的にいくら必要なのか?
・施術時の痛みはひどいのか? 痛みのない方法は?

これらの疑問点について、ひとつひとつ説明していきましょう。

最初に、施術回数について。脱毛というのは安直なものではなく、わずか1、2回の施術では終わりません。ムダ毛を完璧に処理するには、結構長い日数が必要となります。

特にワキは剛毛が集まって生えているうえ、毛根が深い場所にあり、他の部位よりも施術完了に時間がかかると言われています。顔や脚などに比べ、施術の回数は多めです。

もちろん個人の体質やサロンの脱毛方法による違いはあるのですが、脱毛完了まで12回〜18回、と考えておいた方がいいでしょう。

続いて費用について。

こればかりは店舗によって大きな差があります。老舗の高級サロンになると、短時間の施術なのに驚くような金額を請求するところもあるそうです。

ただ、ワキ脱毛については初心者向けということなのか、ほとんどの店で料金は安く抑えられています。

「その中でも特に格安な店は?」と思ってネットで調べてみると、ぜひオススメしたいサロンがありました。

それは「ミュゼ」。全国展開しているチェーン店で、雑誌の広告で見た、という女性もいるでしょう。

特に人気を博しているのが「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。ビックリすることに料金はたった100円。カフェに行くより安上がりです。

こんな価格で脱毛できるところは他にはありません。
なるべくリーズナブルに施術を受けたい人にはピッタリと言えます。

最後に、痛みがあるのかどうか——。

最初に結論を言うと、多くのサロンでは施術時に痛みがあります。

というのも、IPLを用いる施術では毛根が高熱によって損傷を受けるため、その周辺の毛穴や皮膚にも熱が移り、軽い火傷になってしまうのです(いわば肌の奥にお灸をすえた感じです)。

もちろん火傷と言っても大げさなものではありませんが、施術の度に多少不快な思いをすることは確かです。

このようなIPL方式のデメリットを克服しようと、最近になって様々な方式が新しく生み出されてきています。

その中のひとつが、SSC方式と呼ばれるもの。

SSC方式がIPL方式と違うのは、クリプトンライトを用いる、というところです。

IPLでは肌に光を照射するだけで脱毛効果が生まれるのですが、クリプトンライトはそのままでは役に立ちません。

ではどうやって脱毛効果を発揮するのかというと、専用のジェルを肌に塗ります。

その上でクリプトンライトを照射すると毛根が損傷を受け、発毛をストップできるのです。

SSC方式の第1のメリットは、ジェルとのコンビネーションで効果を上げるため、高熱が必要ないこと。
したがって周辺の肌にダメージが及ばず、痛みもほとんどありません。

ちなみに、料金のところで言及したミュゼはこのSSC方式の脱毛機器を導入しています。

「痛みが怖いので脱毛なんてできない」という女性も、ミュゼなら安心して施術が受けられます。

ワキ脱毛を成功に導くには?

「ミュゼなら格安で痛みがほとんどない」と書きましたが、近所に支店がないため、行きたくても行けない人もいるでしょう。そんな時は、他のサロンを探さなければなりません。

ただ、今はちょっとした脱毛ブーム。新規サロンが毎月のようにオープンし、顧客獲得にしのぎを削っています。
あまりにサロンの数が多すぎて、初心者はどこに通えばいいのか分からないと思います。

また、それらのサロンでは、”お得”、”一押し”などと称してキャンペーンを行っているのですが、いずれも条件が複雑で、どれが安いのか判断がつきません。

そこでサロンを決める際、気をつけたいポイントを3つほどあげてみます。

施術可能回数が少なすぎるプランは避ける

まだまだ脱毛についてよく分かっていない人が多く、たとえば1、2回の施術だけでその部位の毛は永久に生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんこれは間違いです。1、2回程度の施術では、ムダ毛を完璧に脱毛することなどできません。確かに施術のあと10日〜1ヶ月ほど経つと毛は抜け落ちてツルツルの状態にはなりますが、さらに時間がすぎるとまた生えてきてしまいます。

毛を根絶するには、IPLやレーザーといった光を数ヶ月から数年、当て続けなければなりません。

剛毛が集まっているワキの場合は、12回から18回の施術が不可欠。

というわけで、施術回数が少ないプランを選ぶと、結局は追加施術ということになります。そうなるとその費用も馬鹿になりません。

安く脱毛するためには、少し高いようでも、何度でも施術のできるコースを選んで下さい。

返金制度や施術期限を契約前にチェック

ワキ脱毛を始めたら、3年間はサロン通いすることになります。

しかし「スタッフの態度が不快」などの理由で、途中で施術を打ち切りたいこともあるでしょう。

中途解約となると、当然ながらサロンの方では渋い顔をします。契約の条項をタテに取り、回数がまだまだ残っているのに返金はほんの少し、という店もあるようです。

イヤな目にあわないためにも、「中途解約するかも」という人は契約する前に解約条件についてチェックしておきましょう。

また店によっては有効期限を設け、契約日からある日数が経つと施術不可、というところもあります。

いずれにしても「ワキ脱毛は日数がかかる」ということを頭に入れ、なるべく回数や施術期間が無制限のサロンを選びましょう。

施術後のケアも大切

ワキを人に見られても平気な状態にするには、黒ずみなども治したいものです。
そのためには保湿に気を配ってケアする必要があります。

上で述べたように施術中の毛根は高熱にさらされるため、周りの毛穴や肌は乾燥しがちです。

脱毛サロンにはそれを考慮し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした気の利いた店なら美肌効果も期待できますから、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックにどんな違いが?

ワキのムダ毛はサロンの他にも医療クリニックで脱毛可能ですが、両者にはどんな違いがあるのでしょう?

現在、脱毛サロンで施術の主流となっているのは、光(フラッシュ)脱毛。一方、医療クリニックではレーザー脱毛がメインです。

実は両方とも脱毛の原理そのものは同じ。メラニン色素だけに反応する光(サロンではIPL、クリニックではレーザー)を肌に当て、発毛不能となるようなダメージを毛根に与えるというものです。

ではどんな差があるのかというと、毛根部分に損傷をもたらす威力。

レーザー光のパワーはものすごく、IPLの何倍にも及びます。毛根組織は完全に破壊されてしまうため、いわゆる「永久脱毛」も可能です。

また脱毛完了までの日数も違い、フラッシュ脱毛は10回以上の施術が不可欠ですが、レーザー脱毛だと数回で終わってしまいます。

もし「なるべく短い日数で脱毛を完了したい」と考えているなら、レーザー脱毛を選んだ方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は安いのか?

ワキ脱毛は他の部位に比べて料金が格安です。最初の脱毛箇所にワキを選ぶ初心者が多いのは、そのせいもあるでしょう。

では、なぜワキ脱毛は料金が安いのでしょう?

最初に考えられる理由としては「ワキが狭い部位だ」ということ。

サロンでは面積によって料金を決定することが多く、その点で元々ワキは安価なパーツです。

そして次に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛をやろうとするため、「その料金を抑えれば、脱毛へのハードルがさらに下がる」と店側が考えているのです。

いずれにしてもワキ脱毛は非常に手軽。
サロンの技術も分かるので、最初にワキから脱毛するのがおすすめです。

脱毛完了後、効果が不十分な場合は?

サロンに通い続け、ワキ脱毛がやっと終了。でも、その結果にイマイチ満足できない——。

そんな時、同じ店で施術を続けることもできますが、追加料金が結構かかります。

また、他店のプランに乗り換えてもいいのですが、その場合はカウンセリングから再びやり直す必要があり、時間と手間がムダです。

そんなイヤな事態を避けるためにも、施術期間と回数には余裕を見ておくことが重要。回数が無制限か、あるいは最低でも12回の施術が受けられるプランを選んで下さい。

脱毛するとワキ汗が増えるって本当?

最後に脱毛完了後の”ある噂”について、説明しておきましょう。

実はネットでワキ脱毛についてグーグル検索すると「脱毛した後、ワキ汗の量が増えてしまった」という口コミが結構ヒットします。

こんな現象が本当にあるのでしょうか?

先に答えをいいましょう。こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗が増えてしまった」と本気で思っている人は結構いるようです。

ネットで調べてみると、その理由は——

「ワキ毛が処理されてしまったために、それまで止められていた汗が肌を伝うようになり、汗の量が増えてしまったと錯覚する」

ということのようです。

つまり肌の感覚の問題にすぎません。汗の量が本当に増えたわけではないのです。

しばらくすると汗が流れるのも当たり前になり、違和感もなくなるでしょう。

以上、色々なポイントから、ワキ脱毛の知識、サロンの選び方などについて説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの情報を参照しながら、自分好みのサロンを見つけて下さい。

ムダ毛がなくなればワキへの視線も気にならなくなり、肌の状態もきっと改善されていくはずです。

脱毛施術によって健康に害は出るの?

健康に悪影響

脱毛の施術によって健康に悪影響は出るの?

プロの手で脱毛してもらう場合、脱毛サロンか医療クリニックに通うことになります。

このふたつのうち、より脱毛効果の強いのは、レーザーを用いる医療クリニックの方です。

脱毛の初心者には、

「脱毛の施術って皮膚癌のリスクがあるのでは?」
「内臓に悪い影響は?」
「レーザーのせいでシミができるって本当?」

というような不安を抱き、クリニックでの施術をためらっている人もいます。

本当に上記のような問題が起こるのでしょうか?

日本医学脱毛協会の報告によれば、医療用のレーザーなら皮膚癌になる心配はまずありません。逆にシミやほくろが薄くなるケースもあります。

またレーザーは毛根までしか届かないように調節されているので、内臓に悪い影響を及ぼすこともありません。

確かにレーザーは威力が強いため、時には肌の炎症が生じたり、赤み、むくみなどの副作用が起こるケースもありますが、何しろ施術を担当しているのがお医者さんですから、適切な処置をすぐに受けることができます。

一方、レーザーより弱いIPL(インテンス・パルス・ライト)で脱毛するサロンの方ですが、実は中途半端な強さの光が悪い影響を及ぼすことがあります。

例えば、脱毛されないで残った毛が長くなったり太くなったりする「硬毛化」という現象や、それまで毛が生えていなかった毛穴も活性化してしまう「増毛化」など、様々な副作用が報告されています。

また、中途半端な光の熱のせいで、普段は活動を休止している汗腺から汗が盛んに出始めることもあります。

ただ、これらの副作用はエステティシャンの腕さえ良ければめったに起こりません。

もし脱毛サロンで施術してもらいたいなら、なるべく事前にネットの口コミを調べ、評判のいい店を選ぶようにしましょう。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の後に献血をしてもいい?

脱毛サロンでの施術の後

脱毛の後、献血をしてもいいの?

脱毛サロンでの施術の後、「なるべく避けるように」といって注意される行為があります。

・日焼け
・入浴、マッサージ、激しい運動など、体温が上昇する行為
・飲酒
・予防接種

といったところがそうですが、なぜこれらの行為を避けるべきなのでしょう?

サロンによるフラッシュ脱毛では、光を当てた毛根が高熱を持ちます。その熱は接した部位にも伝わるため、どうしても肌そのものが軽いやけど症状を起こしてしまいます。

そのような肌はバリア機能が低下し、普段は問題のないことでもダメージを受けがちです。

先程上げた行為はいずれも肌に刺激を与えるので、肌のコンディションを悪化させないためにも避けた方がいい、というわけです。

では、献血はどうなのでしょうか?

結論から先にいうと、脱毛直後の献血は基本的に問題ありません。

施術の影響は表皮のみにとどまり、それより深い血管、血液、内臓といった部位へ影響が及ぶことはないので、献血によって血液、血漿、血小板などを採取しても大丈夫です。

ただひとつ例外があり、それは腕の脱毛を行った場合。

上述したように、脱毛を行った後は毛穴がやけど状態になっていて、肌そのものが敏感になっています。

献血をする場合——

・血圧測定での圧迫

・検査用の採血

・アルコールとヨード系消毒液を使った消毒

といった過程を経て、ようやく実際の献血を行います。

これらの行為はいずれも腕の表面にかなり負担をかけるものなので、施術後の肌のダメージを悪化させがちです。

ということで、腕のムダ毛の処理をしてもらった場合は、なるべく献血をしない方がいいでしょう。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンの「毛が抜ける原理」

ムダ毛をプロに処理してもらう

脱毛サロンでの光脱毛の原理とは?

ムダ毛をプロに処理してもらう脱毛サロンも、最近ではイメージキャラクターとしてぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美といった有名タレントを起用するところも登場し、すっかりブームといえる状態になっています。

ただ施術そのものについてはまだまだその実態は知られておらず、例えば昔の美容電気脱毛(ニードル脱毛)のせいか、毛穴に針を突き刺して一本一本毛根を含めて抜いていく、というイメージを持っている人も多いようです。

もちろん、最近の施術はそんなものではありません。

脱毛サロンで一般に使われているのは、メラニン色素に反応する特質を持ったIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を照射する方法。

照射によって毛根は高熱を発するため、その組織がダメージを受けます。そのことで毛を生やす機能が不活性化し、脱毛効果がもたらされるのです。

毛というのは生まれ変わるために、成長期→退行期→休間期→成長期というサイクルを持っています。IPLは成長期の毛にしか効果がありません。それぞれの毛が今どの時期にあるかは全くバラバラなので、全部の毛を処理するにはどうしても時間がかかるわけです。

ちなみに脱毛した後はその部位はツルツルになるのですが、1〜3週間経つと、また毛が生えてきます。

これは照射前に皮膚の下で育っていた毛です。この毛は弱くなっていて、簡単な刺激で抜けてしまいます。

ただこれらの毛はあくまで抜けやすいというだけで毛根はまだまだ元気です。
脱毛効果を上げるためにはあまり抜かないようにし、次回の施術で処理してもらうことが肝心です。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛器 ソプラノアイス

注目を浴びている

最新の脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」とは?

医療クリニックで使われる脱毛機器も進化をとげ、様々な新機軸のものが採用されています。

その中で注目を浴びている最新機器が、「ソプラノアイス・プラチナム」。

現在主流のレーザーとは違い、毛包を破壊する「蓄熱式」と呼ばれる方法を採っています。

ソプラノアイス・プラチナムから照射されるレーザーは、3つの波長を組み合わせたもの。このことで肌の複数の層に熱を送り込むことが可能となり、どの層の毛包にもダメージを及ぼして、確実な効果を得ることができます。

ムダ毛というのは複数の層にまたがって生えていることが多いので、肌の単一層だけに光を当てても完全に除去することはできません。
ところがソプラノアイス・プラチナムなら、ほとんど余すことなくムダ毛を処理することができます。

そのほかのメリットをあげてみましょう——

痛みが圧倒的に少ない

これまで医療クリニックでのレーザー脱毛は、効果が高い代わりに痛みをともなうのが普通でした。ところが、ソプラノアイス・プラチナムは弱い照射をおこなうので高熱が生じません。そのため、強い痛みを感じなくてすみます。

肌の色に関係なく施術が可能

メラニン色素に反応するレーザーでは、色黒の人の場合は肌へのダメージがひどく、施術がおこなえませんでした。しかし、ソプラノアイス・プラチナムは毛包に反応するため、肌の色に関わらず脱毛が可能です。

熱量の調整でダメージを減らせる

これまで蓄熱方式の脱毛機器は熱量の調節が不可能でした。ところがソプラノアイス・プラチナムでは熱量の加減を変えられるため、さらに安全に照射ができるのです。

以上のような多くのメリットがあるソプラノアイス・プラチナム。これから施術用機器の主流になるかも知れません。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛するとそばかすができるの?

今主流になっているスタイル

脱毛するとシミやそばかすができるの?

脱毛サロンで今主流になっている脱毛法は、IPLなどの光を照射するというもの。

「そんな光を当てると新しいシミやそばかすができてしまうのでは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

確かに、日の光を浴びると紫外線のせいでメラニン色素が沈着し、シミ・そばかすができます。脱毛サロンの光も照射は一瞬とはいえ、強烈なので、同じように肌に影響するのではないか、と思われがちです。

しかし、実はもともとIPL脱毛機というのは、顔のくすみ・シミの軽減や、毛穴の引き締めなどの美容のためにエステで使われていたもの。決して、肌に対して悪影響を及ぼすものではなく、逆に脱毛効果を上げるとともに、肌のコンディションを整えてくれます。

では、口コミサイトなどで「顔脱毛の施術後にシミやそばかすができた」という投稿が時々見られるのは、なぜなのでしょうか?

これには、いくつか理由が考えられます。

まず、元々存在していたシミが肌のターンオーバーのサイクルで表面に現れてきた、というもの。

脱毛すると新陳代謝が促され、奥の方に潜んでいたシミが肌の表面に出てくることがあります。

ほとんどは一時的なものなので、さらにターンオーバーが進めば消えてしまいます。

あと、乾燥し敏感な状態になっている肌へちょっとした傷がつき、それが痕になってしまうことがあります。これをシミだと思いこんでしまうのです。

これを避けるためには保湿に努めるなど、施術後のケアが大事。

いずれにせよ、光の照射によって直接生じるものではないので、安心して施術を受けて下さい。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛を即効完了したい

脱毛完了までの日数が短いサロンはどこ?

普通、脱毛というのはムダ毛の生えてくるタイミングに合わせて施術をおこなうため、どうしても日数がかかります。

「脱毛完了まで3年も4年は当たり前。中には6年もかかる場合がある」と知って、サロンに行きたい気持ちがなえてしまった、という女性もいます。

しかし最近では脱毛技術も進歩したため、間隔を開けずに施術しても効果の上がる機器も出現し、以前よりも脱毛完了までの日数は短くなる傾向になっています。

では、現時点で短期間で効果が出やすいサロンはどこなのでしょうか?

第一におすすめしたいのは、銀座カラーです。

ここでは、2015年11月から連射式脱毛機を導入。銀座カラーオリジナルの脱毛機で、その特徴は「スピーディな施術が可能なこと」。

全身脱毛1回が約60分と、以前の機器に比べて圧倒的に短時間ですみます。また、産毛のような細い毛にも効果的。口コミでも好評を博しています。

連射式脱毛機は「脱毛力が落ちる」というデメリットがあるのですが、銀座カラーでは、脱毛力の高さを維持しながらスピードアップを実現しています。

施術時間が短いため予約も取りやすく、他の脱毛サロンなら8回分の脱毛をするのに最低2年かかってしまうところ、銀座カラーなら半分の1年。

また、銀座カラーのメリットはそれだけではありません。施術後、美容成分がたっぷり配合された「美肌潤美」という冷却ミストシャワーで熱くなった肌を冷やしくれます。

脱毛効果ばかりでなく美肌効果も期待できるのが、銀座カラーの大きなメリットです。

期間限定のキャンペーンもよく行っているので、お得に施術を受けたい人は、ぜひ公式サイトをチェックしてみましょう。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

無痛の脱毛

考えている人

脱毛の施術って痛いの?

サロンなどでの脱毛について「痛いのでは?」と考えている人が多いようです。

確かにネットをチェックすると「脱毛サロンの施術は痛いと聞きましたが、本当でしょうか?」という質問をよく見かけます。

おそらく「サロンでの施術は痛い」と思われているのは、少し前まで主流だった「ニードル脱毛」のせいでしょう。

これは毛穴に電気針を刺して発毛機能にダメージを与えるというもの。注射が嫌いな人にとっては、聞くだけで恐怖を感じてしまう脱毛法です。

実際施術中の痛みも激しく、時間もかかるため、このニードル脱毛は現在ではほとんど使われていません。

サロンで現在主に使われているのは、「光脱毛(フラッシュ脱毛)」と呼ばれるもの。その中でも、特にIPL脱毛機を採用しているところが多くなっています。

これはIPL(インテンスパルスライト)という特殊な光を肌に照射し、毛根組織を弱体化するというもの。この光は肌の表面を素通りして、メラニン色素を含んだ毛根だけに熱を加えることができます。こうして高熱に包まれて損傷した毛根から、1〜2週間くらいでムダ毛が自然に抜け落ちていきます。

レーザー脱毛よりも照射出力ははるかに低く、痛みはニードル脱毛よりも少なくてすみます。

また、広い範囲に光を当てられるので施術がスピーディ。そのため予約を取りやすいのも大きなメリットです。

最近ではさらに痛みを少なくしたSHR(スーパーヘアリムーバル)式の脱毛機も使われています。

これなら脱毛完了まで日数は延びますが、施術ではほぼ無痛。痛い思いをするのがイヤだという人でも安心して脱毛ができます。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛のムースについて

ムダ毛の自己処理

除毛ムースについて

ムダ毛の自己処理には色々な方法があります。
「カミソリでそる」、「毛抜き・脱毛テープ・ワックスで毛根ごと引き抜く」というのが主なものでしょうが、最近では除毛ムースが注目を集めています。

この除毛ムース、脱毛ムースとも呼ばれますが、実は脱毛というのは毛抜きやワックスのように毛根ごと引き抜く行為を指します。除毛ムースというのはあくまで肌の表面に出ているムダ毛を処理するもの。ですから、「脱毛」という呼び名は間違っています。

それではどうやって肌のムダ毛を処理するのかというと、除毛ムースの液剤にはチオグリコール酸という成分が配合されています。これが毛の主要な構成物であるケラチンというタンパク質に作用し、その結合を分解。
毛をバラバラにして、肌の表面から除去してくれます。

その最大のメリットは手軽さ。時間に追われている人にはピッタリです。

ただ毛を溶かすぐらいですから、多少は肌に刺激を与えます。以下の点にはぜひ注意して下さい——

脱毛できる部位が限られている

部位によっては除毛ムースが使えないことがあります。

一般的に使用可能なのは、脚、腕、脇、お腹といった皮膚の厚い部位。
例えばVIO(デリケートゾーン)などのデリケートな部位は使用不可の場合が多いので、買う時には注意が必要です。

自分が剛毛か軟毛かで選ぶものが違う

除毛ムースには色々な種類があり、中には強い刺激成分を使っていないため、除毛する力が弱いものもあります。そんな商品を剛毛に使うと1回だけだと溶かしきれず、処理しきれない箇所が残ってしまいます。

そんな事態を避けるため、剛毛の人はパワーの強いものを選ぶようにして下さい。

越谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ