2018年 12月 の投稿一覧

肌トラブル回避にも役立つVIO脱毛とは?

人間は歳を重ねるにしたがって、体にキープできる水分が少なくなっていくと言われています。特に肌に年齢が出やすいのは、体が皮膚組織の潤いを保つ物質を供給できなくなるため。

つまり肌というのは、若さと健康を最もよく体現した組織というわけです。

子孫を残すためには、体の若さと健康が要求されます。艷やかで美しい女性の肌に男性が惹かれるのは、その意味で本能的なものといえるでしょう。

10代20代の女の子が寒い時期にも脚を露出するのも、男性を惹きつけるそのセックスアピールを知っているからです。

ただ、みずみずしい健康美を見せつけるのはいいのですが、その際にぜひとも注意すべきなのが、いつの間にか成長しているムダ毛の存在。

処理を丁寧にしていないとみっともないですし、一旦キレイな肌に目を奪われた男性からも「あんなに露出しているのに手入れをしてないのか」と侮蔑を含んだ視線を向けられかねません。

ただ、毎週のようにカミソリなどで自己処理するのは疲れる、という女性も多いでしょう。そんな人にとって助けとなるのが、プロが熟練した技術で脱毛してくれるサロンやクリニック。
テレビのコマーシャルを目にすることで、有名店の名前だけは覚えている、という人も少なくないはずです。

実は、脱毛がこれほど流行しだしたのは近年になってから。むかしは「毛穴ひとつひとつに針を刺して電気を流す」というひどく大変な方法を取っていたこともあり、費用も安価とは言えませんでした。そのせいで「ヒマとカネがたっぷりある有閑マダムがやる特殊なもの」というイメージがまとわりついていたのです。

しかし、やがてレーザー系の光線を用いた効率的な脱毛マシンが開発され、料金も驚くほど下がりました。需要に応えようと新規店が次々にオープンし、初心者向けのキャンペーンも盛んにおこなわれています。

また、新しい脱毛方法が考案されたことで、施術対象となる部位も増えました。
昔は夏に露出する部位(脚やワキなど)がもっぱら施術ターゲットだったのですが、いまでは顔のほか、「VIO」という新しい部位が人気を集めています。

それを知って「え、VIOってどこのこと?」と驚く女性もいるでしょう。確かに脱毛人口は急に拡大しましたが、サロンや専門クリニックとは無縁だと思っている女性も多いのですから当然です。

そこでこのサイトを作ってみました。VIO脱毛に関するベーシックな情報、その施術料、施術の手順を紹介し、あわせて脱毛一般のトピックなども紹介することにします。

「VIO」は身体のどこのこと?

出し抜けに「VIOとはどういう意味?」と訊ねられたら、「ノートPCのブランド名」ととっさに答える人がいるかもしれません。でも、もちろんそれは不正解です。
VIOとは、美容関係の宣伝などで「デリケートゾーン」とされる部位、つまり女性器から肛門にかけての股間全体のこと。

V、I、Oは各々——

・Vライン(足の付け根の線と、股間底部のデルタ地帯。「ビキニライン」とも呼ぶ)
・Iライン(女性器の両脇に沿った帯状のパーツ)
・Oライン(肛門周囲の半径2センチくらいの丸い部位。「ヒップ奥」という別名も)

をあらわしています。

つまり、形が似ているアルファベットを各部位にあてはめて「VIO」としたのです。別に外国語の略称というわけではありません。

ということで、簡単に言えば「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛を指します(そしてVIOに関連して「ハイジニーナ」という言葉もよく使われます。これはVIO全部をツルツルの無毛状態に処理すること)。

「外国のモデルや映画スターの間でデリケートゾーンの脱毛がはやっている」というニュースがもたらされた時は、セレブがおこなう変わった美容法、という印象がありました。

ところがその報道から月日が経過した結果、日本でもすっかり普及。
「いつか脱毛をしてみたい」という脱毛初心者に「まず施術をしたい部位はどこ?」と聞いてみると、ワキと並んでVIOをあげる女性が多いようです。

ただ上で記したようにVIOは3つのパーツを一緒くたにした呼称なので、実際の施術にあたってはそれぞれをバラバラに脱毛することもできます。

VIO脱毛の料金はいくらくらい必要なの?

脱毛しようと考えた時、最初に調べたくなるのは何と言ってもその費用でしょう。

実は「脱毛」と一口でいっても、そのやり方には何パターンか考えられます。

たとえば、サロンと契約した上でフラッシュ脱毛を受けるのか、医療クリニックに決めてレーザー脱毛で施術を受けるのか。ヘアーを目立たなくする減毛でいいのか、完全なツルツルの状態にしたいのか。金額は度外視して脱毛終了までの日数を短くしたいのか、あるいは時間がかかっても格安な料金のところを選ぶのか……。

それらの条件によって費用にもかなりの差が出てきますが、ここでは「VIOライン3つをすべて施術するプラン」の料金を紹介してみます。

まず、サロンの場合。

有名サロンの施術料は次の通りです——

毛の量を減らす程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回なので、1回の料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回なので、1回の料金は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回なので、1回の料金は8,640円)

無毛状態にしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回なので、1回の料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回なので、1回の料金は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回なので、1回の料金は9,180円)

続いてクリニックの場合。

有名クリニックの施術料は次の通りです——

毛の量を減らす程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回なので、1回の料金は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回なので、1回の料金は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回なので、1回の料金は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回なので、1回の料金は18,540円)

無毛状態にしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回なので、1回の料金は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回なので、1回の料金は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックは、8、9回のプランなし)

こうしてみてみると、サロンは施術回数が多いために値段が高め。普通は施術料が高いとされるクリニックの方が、VIOの場合はリーズナブルなことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特に安いので、VIO脱毛するならおすすめです。

VIO脱毛が痛いとされる理由はなに?

VIO脱毛を経験した人にアンケートをとると、実に90%が「施術中、痛みがあった」と答えたそうです。

その理由としては、次の2つが考えられます——

・デリケートゾーンの皮膚が他の部位より薄いから
・太い剛毛が集まって生えているから

現在の脱毛方法では、毛根に熱を加えて発毛機能を阻害します。施術時は周りの皮膚も軽い火傷になりますが、肌が薄いと痛みが激しくなります。

また剛毛だとそれだけ毛根も太いので、毛穴との接触面が増えるとともに痛みも強くなるわけです。

なお、サロンとクリニックでは脱毛方式が違っていて、痛みにも差があります。

医療クリニックでは「レーザー脱毛」を用い、照射威力も強烈。毛根へのダメージも大きいため、痛みが倍増します。

一方、脱毛サロンで使われているのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。この方法は機器によってさらに分類され、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛という4種類があります。

これらのパワーはレーザーよりはるかに抑えられているため、痛みはそれほどではありません。

そのなかでも特に痛みが軽いのがハイパースキン脱毛。
「バルジ領域を弱体化し発毛を防ぐ」というもので、主流となっているIPL脱毛よりもフラッシュの出力が弱いため、痛みがさらに軽微になります。

「痛みは出来るだけなしですませたい」という人には、この方式での施術がオススメです。

施術の流れはどうなっているのか?

脱毛の施術を初めて受ける時は、どうしても不安を覚えるものです。

そこで、その手順を軽く説明します(サロンと医療クリニックは使う機器は違いますが、手順そのものは変わりません)。

まず施術の準備を前日におこないます。それは施術パーツのムダ毛を、自分で処理すること。

「せっかく脱毛するのに、なぜ自己処理の必要が?」と思う人もいるかもしれません。

施術で使用されるレーザー系の光はメラニン色素に反応する性質があり、毛にぶつかると熱エネルギーに変わります。
もし毛が伸びていると反応が起こり、肌も火傷を負ってしまう可能性があるのです。

ですから、危険を避けるために、長いムダ毛は必ず処理しましょう。

なお、処理に使うのは肌に優しい電気シェーバーにして、カミソリや毛抜きはやめて下さい。

施術で一部の毛は残すつもりでも、最初の頃は毛をすべて剃り上げておくこと。その方が美しい仕上がりになります。

続いて施術の当日。

サロンやクリニックに持参するものですが、会員カードだけで充分。ただ、施術後は肌のバリア機能が一時的に衰えるので、肌にピッタリした下着や服は着ないほうが無難です。

いよいよ施術になりますが、紙パンツと専用ガウンが用意されているので、それに着替える必要があります。そのあと、施術用のベッドへ。

以後は、次のような流れとなります——

1.まず施術部位の状態を調べる(もし肌が異常に乾燥しているなら施術不可)
2.肌の状態が良ければ施術部位を消毒する
3.ジェルを用いて施術部位をしっかりと冷やす
4.脱毛マシンのライトを肌に照射
5.再び施術部位を冷却し、しっかりと保湿して肌の乾燥を防ぐ

肌を冷やすのは、施術による高熱が周りの皮膚に伝わるのを防ぐためです。特にVIOは表皮が薄くなっていますから、この冷却作業は不可欠です。

照射後は冷却とともにミルクローションなどを用いて保湿します。サロンやクリニックによっては自社で作ったローションを使用するところもあるようです。

施術後、部位に赤み、かゆみ、腫れなどが生じることがまれにあります。その時は冷たくしたタオルなどを使って再び肌を冷却しましょう。ほとんどの症状はそれで収まってしまいます。

なお、施術直後の肌は刺激に弱くてトラブルを起こしがち。以下のことは必ず守って下さい——

・施術直後の入浴はやめ、汗や汚れを流したいならシャワーを浴びる
・汗をかくような激しい運動はしない
・施術した部位はなるべく日光に当てない

あと、保湿に気を配ることが重要です。日頃から使っているローションでいいので、肌をしっかり潤して下さい。

施術後の毛が抜け始めるのはいつ?

「サロンや医療クリニックで施術を受けたけど、いつまでも毛が抜けないので不安になる」——

ネットで脱毛関連のブログなどをチェックしていると、こういった口コミが投稿されていることがあります。

勘違いするといけないのですが、施術してもらったからといって即座に毛が抜け落ちるわけではありません。

個人差も大きく、体質によっては1週間ほどかかる場合もあります。それでも2週間ほど経過すればその部位は無毛状態になるでしょう。

施術以降の流れは、次の通りです——

1)照射によって毛根の機能が衰える
2)毛根の弱体化が進行
3)毛根から毛が離れそうになる
4)毛根から離れた毛が抜け落ちていく

なお、「施術は初めて」という人の場合は——

・初めてだということでスタッフが照射威力を弱めてしまう
・繰り返し照射を受けていないため、毛根の発毛機能が維持されている

ということが多く、抜け始めも遅くなります。

また、サロンでは照射パワーが抑えられていて、剛毛などには効果が出ないことがあります。

そんな人は医療クリニックに行って、レーザー脱毛を試してみましょう。

以上、VIO脱毛の初心者向けの情報を細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし日頃から頻繁にデリケートゾーンを自己処理しているという女性がいたら、ぜひ脱毛に挑戦することをおすすめします。
毛抜きやカミソリは肌の状態を悪化させ、厄介なトラブルを引き起こす危険性があります。

脱毛すれば股間が清潔になるだけでなく、肌トラブルの防止にもなります

プロの手による足脱毛で、女性らしいファッションを楽しもう

最近、夏になってもパンツスタイルで過ごす女性が結構増えています。
とんでもない暑さなのになぜなのか、と思って理由を聞いてみると、「足のムダ毛を見られるのがイヤだから」と答える人が多いようです。

それを聞いて「ムダ毛なら剃ってしまえばいいのに」と安直に言う人もいるでしょう。しかし、そんな発言が出てくるのは、ムダ毛の本当の悩みを知らないからです。

実際に足のムダ毛処理をやってみると分かりますが、面積が広いだけにその手間は想像以上に大変。
特に毛が太い人などは、10日に一度くらいの頻度で処理しないといけないので、「そんな時間、もったいない」と感じてしまいます。

しかも問題は手間だけではありません。

自己処理に使う製品には、カミソリや毛抜き、あるいは除毛クリームなどがありますが、いずれも肌への刺激が強く、ずっと使い続けていると肌トラブルを起こすことが多いのです。

その意味では、本来ムダ毛は剃ったり抜いたりしてはいけないのでしょう。
でもせっかく女性に生まれたわけですから、なるべく足のムダ毛をなくして、もっと色々なファッションを楽しみたいものです。

ではどうすればいいのかというと、ぜひともオススメしたいのがサロンやクリニックでの脱毛です。プロの手で脱毛すれば、自己処理による肌トラブルの心配もなく、ツルツルの足が手に入ります。

ただ、これまでサロンや専門クリニックとは無縁だった人が、わざわざ店舗や医院に足を運び、様々なことが記された契約書にサインするというのは、考えただけでハードルが高い作業です。

また、「脱毛が完全に終わるまでにどれくらいの期間が必要なのか」、「施術って何度ぐらい受けなければならない?」、「費用は全体でどれくらいかかってしまうのか」など、色々な疑問が頭に浮んでくるでしょう。

結局、こうした疑問のせいで億劫さがつのり、サロンやクリニックに向かうことなく自己処理を継続している、という女性も少なくありません。

そこで、このページを立ち上げてみることにしました。サロンと医療クリニックで足脱毛を受けるとどれくらい費用がかかるのか、どのプランを契約すべきなのか、脱毛が終わるまで日数と施術回数はどれくらいか、など、初心者が知りたがっている情報を詳細に紹介してみます。

以下の文章が、足脱毛に踏み切れない女性の役に立てば、と思います。

最もお安くお得に脱毛できるサロンと医療クリニックは?

足は体の下半分を占める大きな部位。サロンや医療クリニックの足脱毛では、小さなパーツ(「ひざ」「ひざ上」「ひざ下」「足の甲・指」)に分割した上で、それぞれの施術がおこなわれるのが一般的となっています(もちろん、足全体をセットにしたパックプランも用意されています)。

料金の方はサロン、クリニックによって本当にバラバラ。ビックリするほど安いサロンから信じられないくらい高額のクリニックまで幅が広いので、脱毛すると決心したら各公式HPをしっかりと調べましょう。
料金を細かく比較検討することによって、よりお安く施術が受けられます。

ただ、最近は脱毛もブーム状態を呈しています。新しいサロンとクリニックが次々とオープンしているので、いちいちチェックするのは面倒かもしれません。

そこで、料金の点で推薦したいところをいくつか挙げてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(施術=6回)
・ひざ下……18,000円(施術=6回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(施術=8回)
・足全体……48,000円(施術=8回。ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(施術=8回)
・ひざ下……42,000円(施術=8回)
・ひざ……21,000円(施術=8回)
・足の甲・指……21,000円(施術=8回)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(施術=8回)
・ひざ下……31,200円(施術=8回)
・ひざ……14,400円(施術=8回)
・足の甲・指……14,400円(施術=8回)
・足全体……91,200円(施術=8回)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(施術=8回)
・ひざ下……31,840円(施術=8回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(施術=8回)
・足全体……95,520円(施術=8回)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(施術=5回)
・ひざ下……41,250円(施術=5回)
・ひざ……13,750円(施術=5回)
・足の甲・指……13,750円(施術=5回)
・足全体……92,900円(施術=5回)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(施術=5回)
・ひざ下……89,800円(施術=5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(施術=5回)
・足全体……119,800円(施術=5回)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(施術=6回)
・ひざ下……81,000円(施術=6回)
・ひざ……28,750円(施術=6回)
・足の甲・指……28,750円(施術=6回)
・足全体……219,500円(施術=6回)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(施術=5回)
・ひざ下……60,000円(施術=5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(施術=5回)
・足全体……100,000円(施術=5回)

となりました。

サロンは4つ挙げましたが、特に勧めたいのがミュゼです。

なにしろ値段がリーズナブル。ひざ上、ひざ下の2箇所を脱毛しても36,000円で、他のサロンより数万円も安価です。
この2つで足の大部分を占めますから、充分満足できるでしょう。

ただ、足の全てを脱毛したいとなると、1番いいのは銀座カラーになります。151,152円は高いように思えるかもしれませんが、通い放題だということを考えると大変お得。足を完璧にツルツルにしたい女性は、ぜひこのコースを選んで下さい。

続いてクリニックの方ですが、メンテナンスの大変なレーザー脱毛をおこなっていることもあって、料金は少しお高くなっています。その中でのおすすめは、アリシアクリニック。足のすべて(ひざ、ひざ上、ひざ下、足の甲・指)が脱毛可能な「足全体プラン」はわずか92,900円です。

医療クリニックでも高級なところになると、部分脱毛ですら40万円以上の施術料を取ることがあります。
それと比較すると、アリシアクリニックの足全体プランというのは信じられないほどリーズナブルといえます。

脱毛を”初体験”するなら、リーズナブルなジェイエステティックで

全身脱毛と比べると、部分脱毛はかなりお安くなっています。ただ足は例外で、面積が大きい分、部分脱毛といってもその料金は高め。そんなこともあって「脱毛経験がないのに、長期のプランをいきなり契約したくない」という方もいるでしょう。

そんな人に推薦したいのが、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」です。

これは、両ワキ、そして好きな3部位をチョイスして脱毛できるというもの。しかも料金は信じられないことに300円です。
もちろん回数は無制限ではありませんが、脱毛がどんな具合か知りたい人には最適です。

これで施術を体験した後、改めて自分に合ったサロンやクリニックを探しましょう。

脱毛完了までの日数、および施術の回数について

料金に続いて、脱毛終了までの日数、および施術回数について紹介しましょう。

サロン、それにクリニックの各サイトでそれぞれのデータを調べると、以下の通りになりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

この数字を見て「予想以上に日数と回数がかかる」と思われたかもしれません。

実は足という部位は、他のパーツよりも脱毛効果が出やすい、とされています。それなのに、これだけの回数と日数が欠かせないのです。

これには現行の脱毛方法と、毛の成長サイクル、いわゆる毛周期とが密接に関わりあっています。

それを以下の文章で解説していきましょう。

脱毛に年単位の日数が必要な理由とは?

まず、脱毛方法から説明していきます。

現在、脱毛に使われているマシンは、いずれもレーザー技術を応用したものです。

マシンから放たれる光線は肌には無害ですが、毛に含まれる黒いメラニン色素には反応します。この時に生じる熱エネルギーが発毛組織に大きな損傷を与え、毛が生えるのを阻害するのです。

「それならその光線を1回肌に当てればムダ毛処理は完了では?」と思われるかもしれませんが、そうは単純にはいきません。というのも、肌のムダ毛は表面的には全て同一に思えても、毛根部位では大きな違いがあるからです。

全ての体毛は「抜けては生える」という循環をしながらその本数を保っています。この生え替わりのサイクルが「毛周期」と呼ばれるものです。

毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間があるのですが、このうち脱毛の効果が出るのは、毛が伸びていく「成長期」だけです。

「退行期」と「休止期」はいずれもムダ毛の成長が止まっているので、施術しても効果が期待できません。

光の照射を受けると成長期の毛は2週間以内で抜け落ちてしまい、ツルツルの状態が1〜2ヶ月ほど続きます。

やがて毛が再び伸びればまた施術。
これを何回もやっていくと毛根が弱体化し、ムダ毛の数が減っていきます。

このようにして発毛機能を徐々に衰えさせ、ようやく脱毛が完了するわけです。

そのため、施術ペースがのんびりしたもの(1〜2ヶ月に1回)になるのもやむを得ません。

以上、なぜ脱毛に時間がかかるのか、お分かりになったでしょうか?

サロンと医療クリニックではどのように脱毛方法が違うのか?

現在脱毛してもらえるところは、サロンと医療クリニックの2つ。この両者の大きな違いは脱毛方法にあります。

サロンでメインとなっているのは「光脱毛(フラッシュ脱毛)」、一方クリニックではほとんどのところで「レーザー脱毛」を用いています。

「レーザー系の光を使っている」という点では、サロンもクリニックも変わりません。ではどういうところに違いがあるのかというと、毛母細胞、毛乳頭などの発毛組織にダメージを与える威力です。

レーザー光は、フラッシュ脱毛で照射されるIPLよりも波長が長く、皮膚の奥にある毛根にしっかりと損傷を与えます。
そのため、毛乳頭や毛母細胞を徹底的に破壊でき、脱毛の効果が何年も続きます。

それほどレーザー光の威力はものすごいので、医師免許を取ったスタッフでないとマシンを操れません。

また、脱毛を完了するには日数をおきながら何度も施術する必要がありますが、サロンのIPLだと脱毛が終わるまで8回から12回もかかるのに対し、レーザー脱毛の場合はせいぜい5、6回で終わってしまいます。

短期間で脱毛を終えたい人は、レーザー脱毛の方がいいでしょう。

ただレーザー脱毛には、「痛みが激しい」という欠点があります。

そんな人には、「ライトシェアデュエット」という最新機器での施術がおすすめです。照射がピンポイントでできるため、痛みが軽微というメリットを備えています。

ライトシェアデュエットを導入しているところには、アリシアクリニック、レジーナクリニックがあります。ぜひ公式サイトでチェックしてみましょう。

施術の後の入浴はやめよう

脱毛の施術を受けると、必ずスタッフから「今晩は入浴をひかえて下さい」と注意されます。

「別に外科手術を受けたわけじゃないのに、なぜ入浴がダメなの?」と感じる人もいるでしょう。

確かに施術においては別に血も出ません。しかし、脱毛に用いられるIPLやレーザーは、毛穴やその周辺の肌に火傷に似たダメージを与えます。

ダメージを被った肌を守るために、入浴はもちろん、飲酒、激しい運動は「なるだけひかえて」と言われるのです。

ダメージが悪化すると、赤み、かゆみ程度の軽い症状では収まらず、ひどい炎症が生じることもあります。そうなると肌にその痕が残りかねません。

サロンやクリニックスタッフの注意をしっかりと守り、術後の肌をケアしましょう。

以上、足脱毛の基本的な情報を紹介してみました。初心者の方々の役に立ったでしょうか?

何度も記してきたように、カミソリなどを用いた自己処理はおすすめできません。処理をやめるためにも、お気に入りのサロンやクリニックで施術してみましょう。
脱毛を通じて、肌の美しさがさらに高まるはずです。