2017年 11月 の投稿一覧

脱毛サロンで契約したくないときはきっぱり断る

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
「毛のお手入れがめんどう」そんな人は脱毛サロンで施術を受けると良いでしょう。1度施術を受けておけば、パッと見て分からないくらい毛が目立たなくなります。脱毛サロンで施術を受けると、わずらわしいお手入れから解放されるのがメリットですが、それと同時にデメリットもあることを知っておきましょう。最近はグッと減ったとも言われていますが、まだしつこい勧誘をおこなっているところもあるそうです。勧誘は実際に行って分かることが多いので、利用する前に断りかたを身につけておくと良いでしょう。

無理な勧誘をしてくる確率が少なくなるように誘導

無職や主婦の場合は高額な費用を支払えないと判断し、無理な勧誘をしてくる確率が少なくなると言われています。会社員やアルバイトだと、分割してお金を支払えると判断され、勧誘をしてくる確率も高くなることでしょう。
きっぱり断るのが最も理想的な断りかたですが、それができない人は、時間がないと伝えましょう。スマートフォンや携帯に誰かから連絡がきたと見せかけて、時間がないと思わせれば、あきらめてそれ以上は言ってこなくなります。また、主婦の場合は「高額だから旦那と相談してからでないと分からない」と伝える方法もあります。大切なのはなぜその場で契約できないのかをきちんと伝えることです。伝わればサロンのスタッフもそれほどしつこく勧誘してきません。

産後の脱毛においてカミソリを使うときの注意点

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後の脱毛では肌に対して優しく脱毛をしていかないといけないのですが、特にカミソリを使う人が多くいると思うので、その人たちに対して知っておいてほしいことがあるのです。
カミソリを使うだけでも肌に対してかなり負担になっていることと言えるわけですけど、カミソリを使うときには毛の生えている方向に基本的にカミソリを動かしてほしいのです。

そういったことをしないと、肌にとって負担がより大きくなるということが言えますから。

肌へのダメージを考える

毛の生えている方向にカミソリを動かさない場合には、本人の実感は少ないかもしれませんが、肌にとってカミソリのダメージが大きくなっている状態なので、そこは気を付けないといけないのです。

普段ならばそういう剃り方をしても問題ないと言えると思うのですが、産後の脱毛のときには肌の状態がいつもとは違うという認識が必要で、より敏感になっているということが言えますから、そういう剃り方は控えた方が良いということが言えるでしょう。

毛の生えている方向とは反対に剃った方がよく剃れるということはあるので、ついついそういう剃り方をしてしまう人もいると思いますけど、肌の状態を考えると避けた方が良い剃り方で、特に産後の脱毛においては絶対に避けた方が良いと思うので、産後ある程度の期間が経過するまではそういう剃り方はやめた方が良いと思います。

埋没毛はなぜできる?その処理方法は?

埋没毛に悩む女性
ムダ毛の処理をカミソリや毛抜きなどで自分で行うと、肌のトラブルを引き起こす可能性があります。そのトラブルの一つに上げられるのが埋没毛です。

埋没毛とは

埋没毛とは生えてきたムダ毛が皮膚の表面に出ることができず、皮膚の中で育ってしまうという症状です。この埋没毛が起こる原因は間違ったムダ毛の自己処理が原因です。肌の表面には、雑菌や乾燥などから肌を守るために肌を保護する角質層が有ります。カミソリや毛抜きなどでムダ毛処理をすると肌を痛め、この角質層を失ってしまうのです。失われた角質層は再生しますがその時に毛穴の表面まで覆ってしまうので、ムダ毛が表に出て来れずに毛穴の中で育つ埋没毛になってしまうのです。

埋没毛への適切な対処

では、埋没毛ができてしまったらどのように対応したら良いのでしょうか。埋没毛を治すためには、いくつか方法があります。まず、肌の角質を除去するケア用品を使用してムダ毛が皮膚の表面に出てくるよう促すという方法があります。また、放置して自然と埋没毛が表面に出てくるのを待つという方法もあります。この2つの方法はどちらもある程度時間が掛かります。それ以外にも皮膚科で治療をする、またレーザー脱毛を行うという選択肢もあります。レーザー脱毛は皮膚の下にある埋没毛にも反応をするので、そのままでも効果がありますし、一度皮膚の表面に埋没毛を出してからレーザー脱毛を行うという方法を取るクリニックもあります。どちらも埋没毛を解消しながら永久脱毛の効果も得られます。

店でアンダーヘアの脱毛行おうとするときの注意点

アンダーヘアの脱毛をするなら

アンダーヘアの脱毛
もしもアンダーヘアの脱毛を行いたいなら、脱毛のできる店を利用するのが一般的です。ただ、脱毛のできる店ごとに脱毛の質が違いますので、よく注意して店選びをしなければいけません。店選びで注意したいのは、脱毛方法と料金についてです。アンダーヘアの脱毛はとても繊細な部分の脱毛ですので、脱毛の質にはこだわっていかないといけないです。そのためにはどんな脱毛方法をしているのか、そして料金がどれぐらいなのかをよく比較することが大事です。

アンダーヘアの脱毛をするときに注意する事

 脱毛方法については、脱毛のできる店でカウンセリングを受けるときによく聞いておくことが大切です。ワックス脱毛や光脱毛など、アンダーヘアの脱毛で用いられる脱毛方法はいくつかあります。それらには各々でメリットとデメリットがありますので、料金も含めそれらの違いをよく理解してから利用しないとトラブルが発生するかもしれません。加えて、各脱毛店ごとのクチコミについても、一通り確認しておいたほうが良いです。アンダーヘアの脱毛で定評のある店はどこなのか、それをあらかじめ割り出しておけば、最初から質の高い脱毛の店でアンダーヘアの脱毛をしてもらうことができます。

 今はネットによって情報があふれていますので、情報収集そのものは難しくありません。ですので、脱毛のできる店をよく比較したうえで最終的な判断を下すのが、アンダーヘアの脱毛をするときに注意することです。

脱毛するとワキガになるというのは勘違いか?

脱毛とワキガの関連性

ワキガが気になる女性
脱毛するとワキガになるのではないか?と思っている人もいるようです。
それは脱毛をすることで脇の汗が増えるからというのが、1つの根拠になりそうです。

脇の脱毛をすると、人によっては汗が増えるということが感じられるみたいですが、実際に汗が増えたと感じれば、自分はワキガなのではないか?と思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、仮に脱毛をして汗が多く出てきたと感じたとしても、それはワキガとは限りません。

汗が大量に出てくることとワキガであるか?どうかは本来そんなに関係があるものではありませんから。

だから、脇を脱毛してから汗が多く出るようになったと感じても、それだけでワキガとは決めつけない方が良いのです。

脱毛がワキガの原因となりうるか

ワキガというのは汗とともに臭いが出てくるものですから、汗が出てくるだけで臭いが特にないのであれば、それはワキガでない可能性が高いです。
だから、まずはそこを確認することが重要ということが言えると思います。

それに脱毛をすることとワキガになることの因果関係はまずないので、脱毛をしたからといってワキガになるということは通常ありえないのです。

そういったことを踏まえると、脱毛をするとワキガになるかもしれないということを気にして、脇を脱毛することを躊躇する必要はないということになりますから、そこは知っておくと良いでしょう。